Avalanche(アバランチ)とは?ブロックチェーン技術の特徴と最新情報を解説

ブロックチェーン技術はビットコインの誕生以来、金融やテクノロジーの世界に革命をもたらしてきた。中でも、Avalanche(AVAX)はこの技術の最前線に立つプラットフォームの一つとして注目を集めている。

Ethereumの競合として位置づけられるAvalancheは2020年に発売され、高速なトランザクション処理、多機能性、安全性、手頃な価格、アクセシビリティを目指して開発された。

Avalancheはオープンソースプロジェクトとしても知られ、そのブロックチェーン上でスマートコントラクトを用いた様々なプロジェクトをサポートしている。AVAXトークンはこのネットワーク内でのトランザクション料金の支払い、ネットワークのセキュリティ維持、さらにはブロックチェーン間の基本的な計算単位としての役割を担っている。

目次

Avalancheとは?

Avalanche (AVAX)はEthereumと競合する暗号通貨およびブロックチェーンプラットフォームである。AVAXはAvalancheブロックチェーンのネイティブトークンであり、Ethereumと同様に、様々なブロックチェーンプロジェクトをサポートするためのスマートコントラクトを使用する。

2020年に発売されたAvalancheは高速、多機能、安全、手頃な価格、アクセシビリティを目指している。また、Avalancheはオープンソースプロジェクトであり、誰でもプラットフォームのコードを閲覧し、貢献することができる。

Avalancheブロックチェーンは非常に迅速なトランザクションの最終決定を提供すると報告されている。AVAXはトランザクション処理料金を支払うため、Avalancheネットワークを保護するため、そしてAvalancheネットワーク内のブロックチェーン間での基本的な計算単位として機能する。

Avalancheはネイティブ通貨AVAXを持つブロックチェーンプラットフォームであり、スケーラビリティとトランザクション処理速度を優先するEthereumの競合である。AVAXはAvalancheブロックチェーンを保護し、ネットワーク全体のトランザクション料金を支払うために使用される。トランザクション料金とAVAXコイン作成率はガバナンスモデルを使用して決定される。

Avalancheは分散型アプリケーション(dApps)と自律ブロックチェーンをサポートするスマートコントラクトプラットフォームを提供する。Avalancheをユニークにするいくつかの特徴には以下が含まれる:

  • コイン作成率:AVAXの最大供給量は7億2000万トークンに制限されているが、AVAXユーザーは新しいコインがどれだけ速く鋳造されるかを支配する。AVAX保有者はAvalancheブロックチェーンに新しいブロックを追加するための報酬として支払われるAVAXの量を調整することによって、新しいコイン作成率を制御することができる。
  • トランザクション料金構造:トランザクション処理コストはトランザクションの種類とAvalancheのネットワーク混雑に応じて異なる。すべての料金は循環から削除され、AVAXを時間とともに希少にするために燃焼される。AvalancheユーザーはAvalancheトランザクション料金を決定するために投票し、AVAX料金は変更される可能性がある。
  • 合意形成メカニズム:Avalancheブロックチェーン上のトランザクションは多くの小さなランダムなネットワーク参加者のサブセットがトランザクションを確認する必要があるユニークな方法を使用して確認される。
  • 参加インセンティブ:高い稼働時間と迅速な応答時間はAVAXトランザクションの処理に参加するネットワーク参加者が獲得できるAVAX報酬の量を増やすことができる。

Avalancheは基本的にプルーフ・オブ・ステークメカニズムによって統治される。AVAX保有者はAVAXトランザクションの検証のためにAVAXをステークする(取引や販売に同意しない)ことが求められる。最も多くステークされ、積極的に検証者として参加しているAVAX保有者がAvalancheブロックのために選ばれる可能性が最も高くなる。さらに、Avalancheガバナンス提案に投票するためにもAVAXトークンを保持する必要がある。

Avalancheは迅速なトランザクション処理時間、参加を促進する報酬構造、多くのブロックチェーンベースのプロジェクトをサポートできる能力が利点である。しかし、Ethereumのようなプラットフォームからの激しい競争、検証者が2,000 AVAXトークンをステークする必要がある点、悪意のあるまたは不注意な検証者がAVAXを失うことによって罰せられない点が欠点である。

ブロックチェーン3.0となるAvalanche

ブロックチェーン技術の歴史は2008年に匿名の人物またはグループ、サトシ・ナカモトによって発表された「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System」というホワイトペーパーに遡る。このホワイトペーパーは分散型で信頼性がなく透明性のあるデジタル通貨であるビットコインの概念を紹介した。

ビットコインの根本的なブレークスルーはブロックチェーン技術の使用であった。ブロックチェーンは全ての取引を分散型かつ透明な方法で記録する分散型元帳である。これは取引を検証および確認するためのコンピューターネットワーク、いわゆるノードに依存している。各取引はブロックにグループ化され、それが以前のブロックの連鎖に追加され、不変で時系列的な記録を作成する。

2009年のビットコインの立ち上げは堅牢な分散型支払いシステムを作成することで、ブロックチェーンと分散化の価値を実証した。しかし、ビットコインネットワークは秒間に少数の取引しかサポートできず、ビットコインのアーキテクチャはデジタル支払い以外の用途にコードベースを適応させることを難しくする。

ブロックチェーン2.0として、2014年にEthereumは新しい分散型アプリケーション(スマートコントラクト)を起動および使用するための分散型アプリケーション(Ethereum)を使用するという革新的なアイデアを紹介した。Ethereumは分散型ファイナンス(DeFi)アプリケーションを含む新しいdAppsの大波を引き起こした。

ブロックチェーン3.0としてのAvalancheはビットコインやEthereumと同様、ブロックチェーンの世界に新たなパラダイムを導入する。Avalancheは一つのブロックチェーンと一つのバリデータセットしか持たない従来のブロックチェーンネットワークとは異なり、多数のブロックチェーンとバリデータセットの異質なネットワークである。

Ethereumがスマートコントラクトによって定義される分散型アプリケーションの起動を可能にするように、Avalancheは仮想マシンによって定義される分散型アプリケーションの起動を可能にする。各dAppは独自の独立したブロックチェーン上で実行される。各ブロックチェーンはサブネットによって検証され、サブネットは動的でカスタムされたバリデータのセットである。これにより、プライベートブロックチェーンの作成が可能になる。

AvalancheはカスタムdAppsを作成するためのプラットフォームだけでなく、スマートデジタル資産の作成と取引にネイティブサポートを提供する。

AvalancheとEthereumは何が違う?

AvalancheとEthereumはブロックチェーン技術と暗号通貨の分野で重要なプレイヤーであるが、それぞれに独自の特徴がある。AvalancheはEthereumと比較して、理論上ははるかに高速なトランザクション処理速度を持つと主張している。具体的にはAvalancheは秒間4,500トランザクションを処理する能力があるとされているが、Ethereumはその限界が約12トランザクションである。しかし、2023年12月4日時点でAvalancheのブロックチェーンネットワークは平均して秒間12.89トランザクションを処理しており、実際には主張された速度を実証していない。

Ethereumは2022年9月のMergeアップグレードにより、トランザクション速度を大幅に向上させる基盤を設定した。シャーディングが実装されると、Ethereumは秒間10万トランザクション以上を処理できると報告されている。現在、Ethereumははるかに大規模なスケールで運用されており、多くのプロジェクトとトランザクションをサポートしているが、Avalancheのスケーラビリティの優位性は長期的にはEthereumに対して利点を与えるかもしれない。少なくともEthereumがその速度とスケーリングの約束を果たすまでは。

手数料構造においても、AvalancheとEthereumは異なる。Avalancheのトランザクション処理手数料は全て焼却されるが、Ethereumネットワークはトランザクション処理手数料の一部をのみ焼却する。AvalancheとEthereumの両プラットフォームの手数料はネットワークの混雑具合に基づいて変動する。Avalancheプラットフォームの手数料構造は完全にユーザーガバナンスによって制御されている。

これらの違いはそれぞれのブロックチェーンが特定のアプリケーションやユースケースに対してどのように適しているかを示している。Avalancheの高速処理能力とユーザー主導の手数料構造は特定のプロジェクトにとって魅力的かもしれないが、Ethereumの大規模な採用と将来のスケーリング計画はそれを暗号通貨エコシステムの中心的存在に保ちます。

Avalancheのブロックチェーン

Avalancheのプラットフォームはその複雑さにもかかわらず、他のブロックチェーンプロジェクトと区別する三つの主要な側面がある:その合意形成メカニズム、サブネットワークの組み込み、および複数の内蔵ブロックチェーンの使用である。

合意形成メカニズム

ブロックチェーンネットワークがトランザクションを検証し、セキュリティを維持するためにはノードが合意に達するためのプロトコルが必要である。暗号通貨に関する議論はこの合意に達する主要な方法としてProof of Work (PoW) とProof of Stake (PoS) の間で中心となっている。

AvalancheはPoSの基礎に基づいて構築された新しい合意形成メカニズムを使用する。トランザクションがユーザーによって開始されると、それはバリデータノードによって受信され、そのノードは他のバリデータの小さなランダムセットをサンプリングして合意を確認する。バリデータはこのサンプリング手順を繰り返し実行し、「ゴシップ」を交わしながら最終的に合意に達する。

この方法により、一つのバリデータのメッセージが他のバリデータに送信され、それがさらに多くのバリデータをサンプリングし、それがさらに繰り返され、システム全体が結果について合意に達する。単一の雪片が雪だるまになるように、単一のトランザクションは最終的にAvalancheになり得ます。

サブネットワーク

Avalancheのユーザーは独自のルールセットを使用して運用できる特化したチェーンを起動することができる。このシステムはPolkadotのパラチェーンやEthereum 2.0のシャードなど、他のブロックチェーンスケーリングソリューションと比較できる。

これらのチェーン上での合意は指定されたブロックチェーンセットを検証するノードのグループであるサブネットワーク(またはサブネット)によって達成される。すべてのサブネットバリデータはAvalancheのプライマリーネットワークも検証する必要がある。

内蔵ブロックチェーン

Avalancheはブロックチェーンの三角形の制約を解決するために、三つの異なるブロックチェーンを使用して構築されている。これらのチェーン間でデジタル資産を移動することで、エコシステム内で異なる機能を達成できる。

エクスチェンジチェーン(X-Chain)は資産が作成され交換されるデフォルトのブロックチェーンである。これにはAvalancheのネイティブトークン、AVAXが含まれる。コントラクトチェーン(C-Chain)はスマートコントラクトの作成と実行を可能にする。Ethereumバーチャルマシンに基づいているため、Avalancheのスマートコントラクトはクロスチェーンの相互運用性を活用できる。プラットフォームチェーン(P-Chain)はバリデータを調整し、サブネットの作成と管理を可能にする。

Avalancheの最新情報

Avalancheに関する最新情報として以下の様になっている。

新しいアップデート『Durango』 (2024年2月)

AvalancheネットワークはDurangoと名付けられた新しいアップデートに向けて大きな一歩を踏み出した。このアップデートは2024年2月13日にFuji Testnetで活性化される予定であり、主にAvalanche Community Proposals (ACPs)を中心に構築されている。DurangoアップデートにはP-Chainネイティブ転送、Shanghai EIPsのC-Chain活性化、仮想マシンアプリケーションエラー、Avalanche Warp Messaging (AWM)のEVMへの統合、サブネット所有権の転送、保留中のステーカーの削除、そしてAddValidatorTxとAddDelegatorTxの無効化が含まれる。

このアップデートはAvalancheGoバージョンがv1.11.0未満の場合には互換性がないため、Fujiでノードを運用するオペレーターはアップグレード前にソフトウェアをAvalancheGo >= v1.11.0にアップグレードする必要がある。メインネットのノードオペレーターにはアクションは必要ない。

Durangoアップデートの目玉の一つはAWMによるクロスサブネット相互運用性の実現である。これにより、EVMチェーン間でのネイティブなクロスチェーン通信が可能になり、将来のVM間での通信の標準を確立する。AWMはサブネット間でメッセージを直接送信する軽量プロトコルであり、第三者の仲介者や信頼の前提を必要としない。

開発者体験の向上も、このアップデートの重要な側面である。P-Chainネイティブ転送のサポート、サブネット所有権の転送の可能性、EthereumのShanghaiアップグレードに準拠したスマートコントラクトの互換性の保持、およびVMアプリケーションエラーの追加が含まれる。これにより、開発者は資産をより効率的かつ安全に管理し、スマートコントラクトを最新のSolidityバージョンと互換性を保ちながら開発できるようになる。

また、ACP-41によるステーキング開始時刻の指定の削除はP-Chainのスケーラビリティをさらに高め、将来的に100kサブネットへの道を開くためのキーとなる。BLS鍵の広範な採用はサブネットがAWMを完全に活用し、クロスサブネットメッセージを送信することを可能にし、将来のP-Chainアップグレードへのタイムラインを加速させる。

DurangoアップデートはAvalancheネットワークの機能性、相互運用性、および開発者体験を大幅に向上させることを目指している。このアップデートにより、Avalancheはそのビジョンを実現し、ブロックチェーンの未来に向けて新たな道を切り開く準備ができている。

あわせて読みたい
Avalanche Network「Durango」へのアップデートによる影響とは? Avalanche Networkが「Durango」という重要なアップデートを迎えることにより、ブロックチェーン技術の新たな地平が開かれました。このアップデートはAvalancheのエコシ...

EdgevanaとAvalancheネットワークが協力

EdgevanaとAvalancheネットワークが協力し、Avalancheのバリデーター分散を拡大する新たな動きが発表された。Edgevanaはバリデーターに特化した強力なプラットフォームであり、そのパフォーマンスの高いインフラストラクチャ、ツール、ダッシュボードをAvalancheに提供する。この統合により、Avalancheのノードオペレーターには他のブロックチェーンネットワークでの豊富な経験を持つもう一つの主要なオプションが提供される。

Edgevanaの共同創設者兼共同CEOであるRyan Fayは「Web3をすべての人にアクセスしやすくするという私たちの継続的なクエストにおいて、Avalancheをサポートできることに興奮している」と述べEdgevanaはAvalancheのネットワーク参加者の成功と効率を進める上で重要な役割を果たすことを目指している。

多くのAvalancheバリデーターは現在、米国に基づく人気のクラウドプロバイダーを使用している。しかし、Edgevanaは世界中のブティックデータセンターを基盤としており、新しい地理的な場所と価格帯を提供することで、Avalancheバリデーターに独自のロケーションでの起動を可能にし、より多くの冗長性とフォールトトレランスを提供する。

Edgevanaは1,600以上のバリデーターを持つ高度に分散されたAvalancheネットワークが、そのインフラストラクチャの分散化を続け、より強固になることを支援できる。プラットフォームはクリーンなUIを提供し、深い分析と視覚化を特徴としている。さらに、EdgevanaはAvalancheでの分数ステーキングとコミュニティステーキングへの拡大も計画している。

Edgevanaが提供する特定の機能には以下のものがある:

  • バリデーターおよびサブネットの起動サポート:Edgevanaは起動フェーズ中のバリデーターとサブネットへの包括的な支援を得意としている。これには設定プロセス、最適化戦略、および継続的なメンテナンスに関する詳細なガイダンスが含まれる。
  • ユニークなオファリング:EdgevanaはAvalancheの要件に明確に設計されたツールとサービスの特別なスイートを提供する。
  • 機関および企業向けのソリューション:EdgevanaはAvalancheエコシステム内での参加を増やすために、機関および企業のためのバリデーターとサブネットのオンボーディングプロセスを簡素化した新しいユーザー中心のソリューションを開発した。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次