イーサリアムの注目の次期大型アップグレート「ホレスキー」を2/7に予定

ブロックチェーン技術は日々進化し、その波に乗るイーサリアムはまた一つ大きな節目を迎えようとしている。

次期大型アップグレード「デンクン」の一環として、注目されている「ホレスキー」テストネットの実装が控えており、この動きはイーサリアムネットワークにおける大きな転換点となることが期待されている。ホレスキーはイーサリアムのスケーラビリティとトランザクションの効率性を大幅に向上させる目的で導入される重要なテストネットであり、その成功はイーサリアムの未来に大きな影響を与えるでしょう。この記事ではホレスキーがイーサリアムにもたらす可能性について深掘りしていく。

目次

ホレスキーとは

イーサリアム(Ethereum)はブロックチェーン技術の進化を牽引し続けている。その最前線に立つのが、次期大型アップグレード「デンクン(Dencun)」であり、その一環として注目されるのが「ホレスキー(Holesky)」テストネットの実装である。本記事ではホレスキーとは何か、そしてそれがイーサリアムネットワークにどのような影響をもたらすのかを探る。

ホレスキーの役割

ホレスキーはイーサリアムのデンクンアップグレード実装において、最後のテストネットとして位置づけられている。デンクンアップグレードはイーサリアムの実行層(EL:Execution Layer)における「カンクン(Cancun)」アップグレードと、コンセンサス層(CL:Consensus Layer)の「デネブ」アップグレードを包括した名称である。ホレスキーでのテストはこのアップグレードがメインネットに移行する前の最終確認を担いる。

ホレスキー実装の意義

「セポリア(Sepolia)」テストネットに続き、ホレスキーでの実装が成功すれば、イーサリアムはメインネットへのデンクンアップグレードを実行する準備が整うことになる。特に注目されるのはカンクンアップグレードによって導入されるEIP-4844「プロトダンクシャーディング」の技術である。この技術により、イーサリアムネットワークのスループットが向上し、トランザクションコストが削減されることが期待されている。これはレイヤー2ソリューションの効率性を高め、より多くのユーザーがイーサリアムブロックチェーンを利用できるようにするための重要なステップである。

ホレスキーの実装予定

ホレスキーでのデンクン実装は「エポック29696」となる2月7日11:35(日本時間同日20:35)に行われる予定である。これが無事に終了すれば、イーサリアム開発チームはメインネットでのデンクンアップグレードの実施へと移行する。イーサリアムコア開発者のティム・ベイコ氏によると、最近のテストは非常に順調に進んでおり、メインネットでのアップグレード実施日は近く決定される見込みである。

ホレスキーを2月8日にローンチ予定

イーサリアムのエコシステムは絶えず進化している。その最新の節目として、ホレスキーのローンチが2024年2月8日に予定されている。このローンチはイーサリアムの大規模なアップグレード「デンクン(Dencun)」の一環として行われ、ブロックチェーン技術の未来に対する期待をさらに高めている。この記事ではホレスキーのローンチがイーサリアム、そしてそのユーザーにとって何を意味するのかを解説する。

ホレスキーの意義

ホレスキーのローンチはイーサリアムのスケーラビリティとトランザクションの効率性を大幅に向上させることを目的としている。特に、このアップグレードにはプロトダンクシャーディングを含むいくつかの重要なイーサリアム改善提案(EIP)が導入される。プロトダンクシャーディングはイーサリアムのネットワークスループットを向上させ、レイヤー2の取引コストを削減することを目指している。これにより、イーサリアムのブロックチェーンはより多くのトランザクションを効率的に処理できるようになり、ユーザー体験が向上する。

ローンチへの道のり

イーサリアムコア開発者であるティム・ベイコ氏によると、ホレスキーを含むデンクンアップグレードに向けた最近のテストは「非常にうまくいった」とのことである。これはイーサリアムコミュニティにとって非常にポジティブなニュースであり、アップグレードが計画通りに進むことへの自信を与えている。ホレスキーのローンチにより、イーサリアムはその後のメインネットでのデンクンアップグレード実施に向けて最後の準備を整えることになる。

期待される効果

ホレスキーのローンチとデンクンアップグレードの成功はイーサリアムが直面しているスケーラビリティとコストの問題を解決する上で大きな一歩となる。プロトダンクシャーディングをはじめとする技術の導入により、イーサリアムネットワークはより多くのトランザクションを迅速かつ低コストで処理できるようになる。これはイーサリアムがデジタル経済の基盤としての地位をさらに固めることに貢献すると同時に、開発者とユーザーの両方にとって魅力的なプラットフォームであり続けることを保証する。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次