DeFiの注目”ALEX”の2024年の最新のアップデート情報が公開

デジタルファイナンスの最前線で注目を集めているALEXが、ビットコインエコシステムにおけるその革新的な役割をさらに拡大している。2024年に入り、ビットコインのファイナンスレイヤーとしての活動を加速させたALEXはデジタルアセットの世界でその名を轟かせている。スパルタングループの共同創設者メロディ・ヘ氏によると、ALEXはただのアプリを超え、独自のランチパッド、分散型取引所(DEX)、ブリッジ、オラクルなどを搭載した包括的なスーパーアプリへと進化しているとのことである。

目次

ALEXとは

ALEXはBitcoinのエコシステムを拡大し、革新的なDeFi(分散型金融)ソリューションを提供するプラットフォームである。BitcoinとBRC-20トークンのために構築されたこのDeFiプロトコルはシームレスなBitcoin DeFi体験を実現することを目指している。スマートコントラクト向けのBitcoinレイヤー2ソリューションであるStacksを統合することで、AMM(自動マーケットメーカー)とオーダーブックに革新的な取り組みを行い、BRC-20トークンエコシステム全体をより活気に満ちた多様なDeFiランドスケープへと前進させている。

ALEXの核となる機能はBitcoinオラクル、Bitcoinブリッジ、クロスチェーンブリッジ、オーダーブック、ローンチパッドの5つである。オラクル機能はオンチェーンとオフチェーンの世界をつなぐ重要なリンクとして機能し、さまざまな通貨やトークンの価格指数をリアルタイムで提供する。Bitcoinブリッジとクロスチェーンブリッジを通じて、BTCや他のBRC-20資産を独自のレイヤー2に導入し、Bitcoinブロックチェーンと他のチェーン(ETH、USDTなど)の間のギャップを埋める。これにより、ユーザーはBTCや他のトークンをスマートコントラクトと相互作用させることができるようになる。

また、ALEXはオーダーマッチングエンジンをオフチェーンに移すことで、高速で分散化された、ガス代のかからない取引体験を保証するユニークなオーダーブックソリューションを提案している。さらに、ローンチパッドを通じて、認証されたプロジェクトがトークンをローンチし、抽選ベースのシステムで配布することが可能になる。これにより、BRC-20のエコシステムにあふれる可能性を持つプロジェクトが、注目され、立ち上がる機会を得られる。

ALEXはBRC-20トークンとOrdinalsプロトコルの革新的な使用により、BitcoinのDeFiランドスケープに変革をもたらしている。この統合はBitcoinブロックチェーンの範囲を広げるだけでなく、分散型金融サービスの新たな可能性を開きます。暗号資産コミュニティがこれらの開発を探求し、受け入れ続ける中で、ALEXはそのシステムを完成させ、DeFi業界を改善し続けるでしょう。

ALEXの最近のアップデート

ALEXの最近のニュースとしてはその活動がビットコインのデジタルファイナンス層として急速に発展していることが挙げられる。2024年を迎え、ALEXはビットコインのファイナンスレイヤーとして全力を尽くしている。スパルタングループの共同創設者であるメロディ・ヘによれば、ALEXは単なるアプリ以上のもの、自身のランチパッド、DEX、ブリッジ、オラクルを特徴とする包括的なスーパーアプリであるとのことである。

過去1ヶ月にわたり、ALEXは複数のフロントで建設を続け、LISAとの流動性スタッキング、これまでで最大の二つのCEXリスティング、スパルタングループおよびOKXによる業界レポートの発表、ビットコインオラクルAPIのリリース、マルチチェーンランチパッドに対する大きな熱意と過剰購入を発表した。

特に注目すべきはビットコインDeFiの未来を切り開くLISAという革新的な流動性スタッキングプロトコルの導入である。この先進的な取り組みはRyder、Fast Pool、Xverse、そしてALEXとの間での協力によるもので、トップクラスのスタッキングプール、一流のウォレットサービス、そしてDeFiの専門知識を統合している。LISAは統一された流動性へのアクセスを提供し、ビットコインDeFiエコシステムへの架橋を行う。その目立つ特徴には効率的なスタッキング、優れた報酬、分散型ガバナンスが含まれ、ビットコインの堅固なセキュリティに支えられた多様なDeFi活動へのゲートウェイとなっている。

また、ビットコインオラクルAPIの公開も大きな更新である。dAppsやウォレットがオラクルデータに効率的にアクセスできるようになるこのAPIのリリースを通じて、ビルダーは直接に合意データにアクセスできる。「オンデマンド」データモデルを探求することができる。

コミュニティのフィードバックに応えて、ALEXはIDOにランチパッド・バイバック保護を追加した。プロジェクトは登録終了後1週間の間、IDO収益の90%を金庫にロックする。トークン価格がIDO価格を下回った場合、参加者はIDO価格の90%で払い戻しが可能である。さらに、IDOにはコミュニティAPowerステージ、IDO抽選ステージ、ホワイトステージが新たに設けられた。

ALEXのランチパッドは非常に盛り上がっている。最近のニュースレターではOrdz Gamesのローンチが間もなく行われ、参加への期待はすべての予想を超えてきている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次