ミームコインDogwifhatがバイナンスで取引開始し6倍に価格が上昇

「Dogwifhat」とは編み物の帽子をかぶったシバイヌの犬の写真から始まったインターネット現象である。2019年11月にプロのフォートナイトプレイヤーissaがこの写真をTwitterのプロフィールに使用したことから、eスポーツ界やゲームコミュニティで広がりを見せた。

現在、ソラナネットワーク上で発行された同名のミームコイン「Dogwifhat(WIF)」も注目を集めている。このコインはバイナンス取引所の「バイナンスフューチャーズ」での取り扱い開始に伴い、価格が約6倍に急上昇した。

目次

Dogwifhatとは?

「Dogwifhat」とは編み物の帽子をかぶったシバイヌの犬の写真から生まれたインターネット現象である。このトレンドは2019年11月に始まり、主にeスポーツの組織や個性豊かな人物たちの間でTwitterのプロフィール写真として広まった。これらの画像では犬の帽子にさまざまなロゴや画像が加えられ、#dogwifhatや#dogwifhatgangといったハッシュタグが人気を博した。

この現象の起源は2019年11月6日にプロのフォートナイトプレイヤーであるissaがピンクの編み帽をかぶったシバイヌの写真を自身のTwitterプロフィール写真に設定したことにある。これを受けて、Twitterユーザーの@Vapurlyが「Dogwifhat」とコメントした。

その後、11月20日にフォートナイトストリーマーのVraxitoが同じ写真をプロフィール写真に変更した。同日、issaは「dogwifhat taking over」とツイートし、フォートナイトプレイヤーのaquaも「everyone join the dogwifhat gang」とツイートした。これらのツイートはそれぞれ多くのリツイートといいねを獲得した。

このトレンドは11月20日から12月6日にかけて特にフォートナイトやロケットリーグのプレイヤーを中心にTwitterユーザーの間で広がった。12月6日にはロケットリーグプレイヤーのSpoodahがこの画像をプロフィール写真に設定し、「dog wif hat movement」の開始を宣言した。12月23日までに、他の多くのTwitterユーザーやロケットリーグプレイヤーがこの写真をプロフィール写真に設定した。

このようにして、「Dogwifhat」は単なる写真から始まり、インターネット上での一大ムーブメントへと発展した。特にゲームコミュニティ内での普及が顕著で、多くのユーザーがこの現象に参加し、シバイヌの画像を通じてコミュニティの一体感を示す象徴となった。

Dogwifhat(WIF)の価格が6倍に上昇

ソラナネットワークで発行されたミームコイン「Dogwifhat(WIF)」が、暗号資産取引所バイナンスの「バイナンスフューチャーズ」で取り扱いを開始したことをきっかけに、その価格が約6倍に急上昇した。1月8日に約12円(0.07868ドル)だった「WIF」は1月18日の取り扱い開始後に約67円(0.4534ドル)まで上昇し、1月19日時点で約56円(0.3767ドル)を記録している。

この価格上昇は無期限先物取引で最大50倍のレバレッジが利用可能な「バイナンスフューチャーズ」による影響が大きいと考えられる。「WIF」の時価総額は約553億円(373,630,270ドル)に達し、ミームコイン市場で第5位にランクインしている。また、バイナンス以外にもGate.io、MEXC Global、KuCoinなどの海外取引所で取り扱われている。

さらに、ソラナのオンチェーン指標からはソラナ・ブロックチェーン上のミームコインへの関心が高まっていることが示唆されている。特に、ドッグウィズハットは先物上場とネットワーク効果で最高値を更新した。フランクリン・テンプルトンがこのトークンの「wif hat」ミームに言及したことも、価格上昇に貢献している。

その他のミームトークンも注目を集めており、USEDCAPやPOPCAT、KPOPなどは時価総額が比較的小規模ながら、50%の急騰を見せている。一部のソラナトークンは初期投資家に巨額の利益をもたらしているものの、ピーク後には80%の下落も見られる。

最近の人気はソラナ・モバイルが発表したスマートフォン「Two」の影響もあるかもしれない。トレーダーの間ではこのスマホ購入者がエアドロップを受け取れる可能性があるという憶測がある。また、MYROは「Two」の購入者に特別なものを提供する可能性を示唆しており、これも価格の上昇要因の一つである。ソラナのアプリケーションにロックされた価値(TVL)は最近再び上昇傾向にある。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次