分散型取引所dYdXとは?DEXの特徴と最新情報をわかりやすく解説

dYdXはEthereumのレイヤー2技術であるStarkWareに基づいて構築された分散型取引所(DEX)である。このプラットフォームはゼロ知識証明(ZK)を利用して、より安全で、分散化され、プライバシーに焦点を当てた環境を実現する。

2022年6月にはEthereumから離れて独自のCosmosベースのブロックチェーンへの移行を発表し、この変更はユーザー体験を向上させることを目指している。特に、カスタマイズ可能な手数料構造とトランザクション手数料を通じて、より良いサービス提供が期待されている。また、dYdXチェーンはプラットフォームの成長に応じてスケーリング可能な分散型のオフチェーン注文帳を特徴としている。これにより、UniswapやSushiSwapのような他のDEXとは異なり、特定の資産タイプである永久契約を取引することが可能になる。

今回の記事ではdYdXに関して詳しく解説する。

目次

dYdXとは

dYdXはEthereumのレイヤー2技術であるStarkWareに基づいて構築された分散型取引所(DEX)である。このプラットフォームはより安全で分散化され、プライバシーに焦点を当てたプラットフォームを作成するために、StarkWareのゼロ知識証明(ZK)を活用している。2022年6月に、dYdXはEthereumを離れ、独自のCosmosベースのブロックチェーンに移行する計画を発表した。この移行はカスタマイズ可能な手数料構造とトランザクション手数料を通じて、より良いユーザー体験を提供することを目指している。dYdXチェーンはプラットフォームの成長とともにスケーリング可能な分散型のオフチェーン注文帳を特徴としている。

dYdXはUniswapやSushiSwapのようなDEXと同様にDEXを提供しているが、特定の資産タイプ、つまり永久契約を取引するために設計された。永久契約は基本となる資産からその価値を導き出す金融商品、またはデリバティブの一種である。先物やオプションと同様に、永久契約はトレーダーに資産の将来価値を推測する機会を提供するが、先物やオプションとは異なり、永久スワップには有効期限がない。

Uniswapなどの他のDEXとは異なり、dYdXは取引を容易にするために自動市場メーカー(AMM)に依存していない。代わりに、プラットフォームは機関投資家の要件と期待に応えるために、従来の注文帳+マッチングモデルを利用している。dYdXのニッチな取引スタイルにもかかわらず、プラットフォームは機関投資家と小売投資家の受け入れにより、市場でより人気のある取引所の一つとなっている。執筆時点で、dYdXは総額約4億5000万ドルの総価値ロック(TVL)を有している。

dYdXはカリフォルニアを拠点とする起業家であるアントニオ・ジュリアーノによって2017年8月に設立された。取引所は2017年7月に初めて暗号通貨のマージン取引、貸出および借入サービスを提供して立ち上げられました。

2021年8月にはdYdX取引所はクロスマージン永久取引の提供を開始した。クロスマージン取引ではユーザーはプラットフォーム上で利用可能な残高を再利用して既存の取引に流動性を提供することができる。これは高い変動性の間に清算を避けるための人気の方法である。

dydxはどのように作れられた?

dYdXは暗号資産の分散型取引所(DEX)として、アントニオ・ジュリアーノによって2017年に設立された。ジュリアーノはコインベースやウーバーでソフトウェアエンジニアとしての経験を持ち、デジタル資産分野への深い理解と技術的背景を基にこのプラットフォームを立ち上げた。また、彼は以前にWeipontという検索エンジンを設立しており、そのプロジェクトは現在は活動していないが、彼の起業家精神とデジタル分野への情熱を示している。

dYdXの開発チームは初期から、マージントレーディングを可能にする製品「Expo」と「Solo」を導入し、暗号資産の取引における新たな可能性を探求してきた。2019年に正式にサービスを開始したdYdXはその後、3つの異なるバージョンをリリースし、特に最後のバージョンは2021年に公開された。このバージョンではStarkWareベースのレイヤー2ソリューションを使用して、取引手数料を削減し、ユーザーの取引体験を向上させることに重点を置いている。

2022年6月にはdYdXはEthereumから独自のCosmosベースのブロックチェーンへの移行計画を発表し、これにより取引所はさらに進化を遂げることになる。この移行はよりカスタマイズ可能な手数料構造と取引手数料を通じて、ユーザー体験の向上を目指すものである。dYdXのチェーンはプラットフォームの成長とともにスケールすることができる分散型オフチェーン注文簿を特徴としている。

dYdXの成功はそのユニークなトレーディングオプションと、イスラエルの開発者StarkWare Industriesや著名なベンチャーキャピタルであるPolychain、Paradigm、そしてAndreesen Horowitzなどからの資金調達を通じて支えられている。これらの投資ラウンドにより、dYdXはその技術をさらに発展させ、分散型金融(DeFi)空間での地位を確立するための基盤を築くことができた。

dYdXの成長と発展は暗号資産取引の未来において重要な役割を果たしている。分散型取引所として、dYdXは暗号資産市場における新たな可能性を開拓し、ユーザーにより高度な取引オプションとセキュリティを提供することで、デジタル資産の取引環境を革新している。

dYdXトークンはどの様に使われる?

dYdXプラットフォームはその革新的な取引オプションと共に、独自のガバナンストークン、DYDXを持っている。このトークンはプラットフォーム上での取引、ガバナンス、ステーキングなど、多岐にわたる用途で利用されている。DYDXトークンの使用方法とそのメカニズムを解説することで、このトークンがプラットフォームとそのユーザーにどのような価値を提供しているのかを明らかにする。

ガバナンス

DYDXトークンはdYdXエコシステム内でのガバナンスに使用される。トークンホルダーはプラットフォームの将来の方向性に関する提案や変更に投票することができる。これにより、ユーザーはプラットフォームの開発に直接参加し、コミュニティ主導の決定を促進することが可能になる。

ステーキング

dYdXはプラットフォームの流動性とセキュリティを向上させるために、ステーキングプールを提供している。ユーザーはDYDXトークンをステーキングすることで、プラットフォームの運営を支援し、報酬を受け取ることができる。これらの報酬はトークン形式で支払われ、ステーキングの貢献度に応じて配分される。

トレーディングフィーの割引

DYDXトークンの保有者は取引手数料の割引などの特典を享受することができる。トークンの保有量が多いほど、より大きな割引が適用されるため、アクティブなトレーダーにとっては魅力的なインセンティブとなる。

トレーディングリワード

さらに、dYdXはトークンを使用して、プラットフォーム上でアクティブに取引するユーザーにリワードを提供している。これは取引量や取引活動に基づいてDYDXトークンで支払われ、ユーザーのエンゲージメントとプラットフォームへの貢献を奨励する。

トークン配布

DYDXトークンは2021年8月にリリースされ、初期供給量の一部はプラットフォームの過去のユーザーにエアドロップされた。トークンの総供給量は10億枚であり、その配布は投資家、従業員、コミュニティトレジャリー、流動性プロバイダー報酬など、複数のセグメントに分けられている。

dYdXトークンのこれらの使用方法はプラットフォームのディセントラライゼーションを促進し、ユーザーがエコシステム内でよりアクティブに参加することを奨励している。ガバナンスからステーキング、取引手数料の割引に至るまで、DYDXトークンはdYdXエコシステムの核心部分を形成し、その持続可能性と成長を支えている。

dYdXのトレードのオプション

dYdXは暗号通貨取引の世界で革新的なディセントライズドエクスチェンジ(DEX)として位置づけられている。このプラットフォームは特に無期限契約(perpetual contracts)の取引に特化しており、従来のスポット取引やマージン取引を超えた新しい取引方法を提供している。dYdX上での取引オプションはその多様性と先進性により、多くの投資家やトレーダーから注目されている。

無期限契約(Perpetual Trading)

dYdXの最大の特徴は無期限契約の提供である。これは基礎となる資産の将来の価値に投機するための金融デリバティブであり、従来の先物取引やオプション取引とは異なり、有効期限がない。これにより、トレーダーは市場の価格変動に応じて柔軟に対応することができ、長期的な戦略を立てやすくなる。

スポット取引とマージン取引

dYdXではユーザーは従来のスポット取引も利用できる。これは即座に暗号通貨を購入または販売する取引方法で、市場価格での直接取引を意味する。また、マージン取引によって、ユーザーは借りた資金を使って取引を行うことができ、潜在的な利益を増やすことが可能であるが、同時にリスクも高まる。

ガバナンス、ステーキング、NFT

dYdXはトレーディングオプションに留まらず、ガバナンス、ステーキング、NFTコレクションなど、コミュニティビルディングとプラットフォームのセキュリティを強化するための機能も提供している。これらはユーザーがプラットフォームの将来に参加し、影響を与えることを可能にし、さらにはリワードを得る機会を提供する。

クロスマージン取引

dYdXではクロスマージン取引も可能で、これによりユーザーは利用可能な残高を他の取引の流動性提供に再利用することができる。これは高い市場のボラティリティ中に強制清算を避ける人気のある方法である。

dYdXのトレードオプションの多様性は投資家が自分の投資スタイルや市場見解に合わせて、最適な取引戦略を選択することを可能にする。無期限契約からスポット取引、さらにはガバナンスとステーキングに至るまで、dYdXは暗号通貨取引の新しい地平を開拓しているのである。

無期限取引/契約 vs 従来の契約 vs スポット取引

金融取引には様々な形態があるが、特に暗号通貨の世界では無期限取引(Perpetual Contracts)、従来の契約、スポット取引という三つの主要な取引方法がある。これらの取引方法はそれぞれ異なる特性とメリットを持っており、投資家のニーズや戦略に応じて選択される。

無期限取引/契約は従来の先物取引と似ているが、重要な違いは有効期限がないことである。これにより、投資家は資産の未来価値に対して無限に長いポジションを取ることができる。価格の変動に対して柔軟に対応できるため、短期間だけでなく長期間にわたって戦略を練ることが可能である。また、レバレッジを利用してより大きな取引を行うこともでき、高い利益を目指すことができるが、それに伴うリスクも大きくなる。

従来の契約には先物取引やオプション取引が含まれる。これらの取引方法はあらかじめ設定された期限(有効期限)内で資産を買うまたは売る権利を提供する。従来の契約は価格の変動リスクをヘッジするため、または将来の価格変動に賭けるために用いられる。しかし、期限が切れると契約は無効となり、ポジションを再度立て直す必要がある。

スポット取引は即時に資産を交換する取引方法である。この取引は現在の市場価格で即座に資産を買ったり売ったりすることを意味する。スポット取引は直接的でシンプルな取引方法であり、長期的な投資戦略よりも短期的な価格変動を利用したいトレーダーに適している。

これらの取引方法はdYdXを含む多くの分散型取引所(DEX)で利用可能である。dYdXは特に、無期限契約に焦点を当てた取引プラットフォームとして知られている。このプラットフォームは伝統的な注文簿とマッチングモデルを利用しており、機関投資家の要求に応えるだけでなく、小売トレーダーにも人気がある。無期限取引は特に暗号通貨市場のように変動が激しい市場において、柔軟な投資戦略を持つトレーダーにとって魅力的なオプションである。

投資家がどの取引方法を選択するかはそのリスク許容度、市場見通し、資産に対する見解によって異なる。無期限契約、従来の契約、スポット取引のそれぞれが提供する独自のメリットとリスクを理解することが、賢明な投資決定を下す鍵となるだろう。

dYdXの最新アップデート情報

dYdXの最新情報は以下の様になっている。

dYdXが取引量が最大のDEXへ (2024年1月)

分散型取引所dYdXが、CoinMarketCapによると、イーサリアムからコスモスへのブロックチェーン移行後、1日の取引高でUniswapを上回り、最大のDEXになった。この移行はDeFi市場の技術的進化とユーザーのニーズへの適応を示しており、DeFiの未来に大きな影響を与えるだろう。

新しいコスモスベースのdYdX v4は約7億5700万ドルの取引高を記録し、以前のイーサリアムベースのバージョンも高い取引高を維持している。dYdXの成功は高いスループットと低いガス代の需要に応え、ブロックチェーン選択の正しさを証明している。dYdXは将来も業界をリードする取引所としての地位を強化していくだろう。

あわせて読みたい
dydxがuniswapを越え世界最大の取引量を誇るDEXとなった 世界には多くのDEXがあるが、先日dydxが世界最大の取引量であったUniswapを超えた。今回の記事ではdydxの基本的な内容と取引量が増加した経緯について解説する。 【dYdX...

dYdXが45億円規模の資金調達に成功 (2024年2月)

dYdX FoundationはdYdXコミュニティのトレジャリーから約45億円を調達した。この資金は今後3年間でdYdXの成長と開発に使用され、分散型金融(DeFi)界における重要な進歩を示している。

昨年10月、dYdXは自身のブロックチェーンを立ち上げ、完全分散化を実現した。dYdX Foundationは2021年8月にスイスで設立された非営利団体で、dYdXのガバナンスや成長をサポートしている。この資金調達はdYdXが分散型金融の最前線で革新を続けるための強力な後押しとなり、プラットフォーム改善、コミュニティ拡大、新技術の研究開発に注力することが期待されている。

あわせて読みたい
分散型取引所dYdXが45億円の資金調達に成功しさらなる分散化を目指す デジタルアセット取引所の新たな地平を切り開くdYdXはディセントライズド・ファイナンス(DeFi)の世界で注目を集めている。2017年に設立されたこのプラットフォームは...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次