dydxがuniswapを越え世界最大の取引量を誇るDEXとなった

世界には多くのDEXがあるが、先日dydxが世界最大の取引量であったUniswapを超えた。今回の記事ではdydxの基本的な内容と取引量が増加した経緯について解説する。

目次

dYdXとは?

dYdXはビットコインなど35種類以上の人気暗号通貨に対して永久取引オプションを提供する分散型取引所(DEX)である。取引量と市場シェアの面で世界最大級の分散型取引所の一つとして位置づけられている。

dYdXの起源

2017年8月にカリフォルニア州の起業家アントニオ・ジュリアーノによって設立されたdYdXはイーサリアムレイヤー1を基盤とする暗号通貨のマージントレーディング、貸付、借入サービスを提供してきた。

dYdXの進化

2021年8月にはdYdXはクロスマージン永久取引を開始した。クロスマージン取引ではプラットフォーム上の利用可能残高を活用して既存の取引に流動性を提供することが可能で、高ボラティリティ時の清算を避けるための人気手法である。

dYdXプロトコルはStarkwareによって提供されるSTARK(ゼロ知識)ロールアップを活用したイーサリアムスマートコントラクト上に構築されている。このプラットフォームはスポット取引を提供することから始まり、その後、サービスの3回のリニューアルを経て、そのコンポーネントを分散化してきた。

dYdXで提供される様々な商品

dYdXは永久取引、ガバナンス、ステーキング、NFTという4つの主要製品を提供している。

永久取引

dYdXの主力製品である永久取引は満期がない契約を利用してオープンマーケットで取引できるオプションをユーザーに提供する。たとえば、1ビットコインを10万ドルで売るオーダーを出すと、ビットコインが10万ドルに達し取引が完了するまでオーダーは有効のままである。

ガバナンスとステーキング

プラットフォームのローンチから約1年後、dYdXはDYDXというガバナンストークンを導入した。ユーザーはDEX上での取引活動によってDYDXトークンを獲得できる。ステーキングでは既存の暗号資産をDYDXトークンで利回りを得るために投資することができる。

NFT

dYdXの最新の製品はHedgiesというNFTコレクションである。これは2022年2月に発売されたイーサリアムブロックチェーン上でミントされた4,200個のNFTである。

スポットとマージントレーディング(レガシー)

dYdXはイーサリアムレイヤー1ブロックチェーンプロトコル上でスポットとマージントレーディングサービスを提供していたが、2021年11月1日にこれらのサービスを終了し、レイヤー2永久製品への移行を進めた。

dYdXの将来性

dYdXの目標は100%分散化された取引所になることである。現在、dYdXはその第3バージョンにあり、第4バージョンでは完全に分散化され、中央集権的なコンポーネントを持たない運営を目指している。

中央集権的な取引所が市場を支配している中、dYdXは分散化を通じてコミュニティの投資家に力を戻し、最大限の透明性を提供することを目指している。dYdXの革新的な取り組みは分散型取引所の理解を深める上で重要なケーススタディとなる。

dYdXが最大のDEXへ

最近、分散型取引所(DEX)のdYdXが、CoinMarketCapのデータによれば、イーサリアムからコスモスへのブロックチェーン移行に成功し、1日の取引高でユニスワップ(Uniswap)の各バージョンを上回り、最大のDEXとなったことが話題になっている。

dYdXのイーサリアムからコスモスへの移行は単にブロックチェーンの変更以上の意味を持つ。これはDeFi市場の成熟度の増加と、ユーザーのニーズに対応するための技術的進化の表れである。dYdXの成功は今後のDeFiのトレンドと戦略に大きな影響を与えるでしょう。

コスモス移行での成功

この新しいコスモスベースのdYdX v4は24時間で約7億5700万ドル(約1097億6500万円、1ドル145円換算)の取引高を記録し、これによりユニスワップ v3の6億800万ドルを上回りました。注目すべき点はイーサリアムベースのdYdX v3も依然として運営されており、5億6700万ドルで3位にランクインしていることである。

取引高の増加とその影響

dYdXによると、v4のローンチ以降の総取引高は178億ドルに達している。これは2023年にdYdX v3が記録した1兆ドルを超える取引高と比較しても、非常に印象的な数字である。特に、dYdX v3は取引高が20億ドルを超えた日もあった。

ブロックチェーンの選択とその戦略

dYdXがイーサリアムブロックチェーンを離れた際、同じレベルの取引高を維持することに苦戦するのではないかとの懸念があった。イーサリアムはコストが高く、コスモスエコシステムよりも利用量が大きいためである。しかし現在、dYdXはユニスワップや他のイーサリアムベースのDEXを上回る取引高を達成し、ブロックチェーンの選択が正しかったことを証明している。

dYdXの特徴と先物契約

dYdXは永久先物契約の取引を容易にすることに特化している。最近移行したv4は「完全分散型」チェーンとされており、以前のv3とは異なる。また、イーサリアムのv3は最終的には閉鎖される予定であるが、閉鎖の具体的な日程はまだ未定である。

ガス代の問題とDeFiユーザーのニーズ

パンテラ・キャピタルのポール・ベラディッタキット氏によると、分散型金融(DeFi)のユーザーは「迅速かつ継続的な取引のための高いスループット」を求めており、イーサリアムの高いガス代が問題を複雑にしていると指摘している。コスモスへの移行はこれらの課題に直接対処する戦略として機能しているようである。

サポートと将来性

dYdXはパンテラ・キャピタルやパラダイム、デルフィ・デジタルなどからの支援を受けている。これらの支援により、dYdXは今後も業界をリードする取引所としての地位を確固たるものにしていく。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次