SlashがMantle Networkと提携し低いガス代で即時決済を狙う

暗号資産決済の新たな地平を切り開く「Slash」。このFintech企業は暗号資産決済の分野で革新的なサービスを提供し、従来の決済システムの枠を超えた柔軟性と利便性を実現している。ユーザーは自らの持つ様々な暗号資産を活用し、スムーズに取引を行えるようになっている。

さらに、最近のMantle Networkとの提携により、これらのサービスはさらに進化を遂げている。高額なガス代を抑えつつ、より効率的で安全な決済体験を提供することを目指して、Slashは暗号資産市場における地位を確固たるものにしている。

目次

Slashとは

Slashは暗号資産決済の分野で革新的なサービスを提供するFintech企業である。これまでの決済システムとは異なり、Slashは顧客が所有する様々な暗号資産を利用して、支払いを行うことができる柔軟性を持っている。このサービスは特に暗号資産を日常的に使用するユーザーや、暗号資産市場に新たに参入する企業にとって、大きなメリットをもたらしている。

技術的な特徴

Slashの最大の特徴はその決済システムの背後にある技術である。ユーザーは支払いに利用する暗号資産を自由に選択でき、システムが自動的に最適なレートで暗号資産をスワップする。これにより、支払先が受け取り希望の暗号資産を持っていなくても、スムーズに取引を完了することが可能である。また、DEX(分散型取引所)ルーターとの連携により、効率的かつ迅速な決済処理が実現されている。

暗号資産の多様性

Slashは1400以上の暗号資産をサポートしており、幅広い選択肢を提供している。これにより、ユーザーは自分の持つ様々な暗号資産を活用し、日常の決済に利用することが可能となる。さらに、導入店舗側はUSDT、USDC、DAIなどのステーブルコインを選択して受け取りができるため、暗号資産の価格変動リスクを最小限に抑えることができる。

Mantle Networkとの提携

最近、SlashはMantle Networkとの提携を発表した。これにより、SlashはEthereumネットワークからMantle Networkへの移行を図り、高額なガス代の問題を解決し、ユーザー体験を向上させることを目指している。Mantle Networkはそのモジュラー式の設計により、高いセキュリティと分散性を実現し、コスト削減に寄与している。この提携により、Slashはさらに強力な決済ソリューションを提供し、暗号資産市場での地位を確固たるものにしていく。

Slashは暗号資産決済の分野で先駆者としての地位を築いている。今後も、技術革新と業界のトレンドを捉えながら、ユーザー体験の向上と暗号資産の普及を目指していくことが期待される。Mantle Networkとの提携はその一歩と言える。

Mantle Networkとは

Mantle NetworkはEthereumのレイヤー2(L2)ソリューションとして開発された革新的なブロックチェーン技術である。このネットワークはブロックチェーンのトリレンマ、つまりセキュリティ、分散化、スケーラビリティのバランスを取ることを目指している。Mantle Networkはこれらの問題を解決するために、Execution、Settlement、Consensus、Data Availabilityという各レイヤーを最適化し、高いセキュリティと分散性、コスト削減を実現している。

Modular Blockchainの概念

Mantle Networkの核となるのはそのモジュラー式の設計である。従来のブロックチェーンではトランザクションの実行、合意形成、決済、ストレージなどが同一のネットワーク層で処理されるが、Mantle Networkではこれらのプロセスが別々のモジュールで処理される。これにより、ネットワークの効率が向上し、全体的な実行と検証の負荷が軽減され、より優れたユーザー体験が提供される。

Data Availabilityの革新

Mantle NetworkのData Availability(DA)サービスはEigenLayerのEigenDA技術によって提供される。これはL2バッチデータの可用性がEthereumロールアップにおいて重要であることに着目しており、L1バリデーターがL2の状態を検証できるようにするために設計されている。Mantle DAはDA経済ゲーム理論を活用し、従来のオンチェーンL1と比較して30-70%のコスト削減を実現する。

DeFiとの連携

Mantle Networkは分散型金融(DeFi)分野においても大きな可能性を秘めている。Mantle Liquidity Staking Protocol(LSP)などの製品を通じて、ユーザーはETHをステークし、Mantle Staked Ether(mETH)を受け取ることができる。これにより、Mantleはエコシステム内外のさまざまなアプリケーションでのmETHの採用を拡大し、その有用性と効率性を強化している。

RWA市場への進出

Mantle Networkはリアルワールドアセット(RWA)市場への進出も図っている。例えば、OndoFinanceとの連携により、$USDYという米国短期国債と銀行の要求払預金によって担保されたトークンを提供し、利回りを生成している。これにより、Mantleは機関投資家向けのRWA投資商品を開発し、市場への事業展開を加速している。

暗号資産決済「Slash」がMantle Networkと提携

暗号資産決済プラットフォーム「Slash」がモジュラーブロックチェーン「Mantle Network」との戦略的パートナーシップを締結したことは業界における大きな動きとして注目されている。この提携は暗号資産決済の効率化とコスト削減を目的としており、両社の技術とリソースの組み合わせによって、新たな暗号資産決済の可能性が拓かれている。

この提携により、SlashとMantle Networkはそれぞれの強みを活かし、暗号資産決済市場において新たな地平を切り開くことが期待されている。特に、低コストかつ高速な決済処理能力は暗号資産を使った日常の取引において大きな利点となる。今後の暗号資産市場の動向とともに、この提携がどのような影響を及ぼすか注目される。

提携の意義

この提携により、SlashはEthereumネットワークからMantle Networkへの移行を計画している。これはイーサリアムの高額なガス代(ネットワーク手数料)という問題に対処し、より効率的な暗号資産決済を可能にするための戦略的な一手である。Mantle Networkのモジュラー型ブロックチェーンは高いセキュリティと分散性を備えつつ、コスト削減を実現するために設計されており、これによりSlashのユーザーはより低いガス代で即時に決済が実行できるようになる。

SVLトークンのエコシステム移行

この提携に伴い、「Slash」発行の独自トークンであるSlash Vision Labs Token(SVL)もMantle Network上に移行する。これにより、SVLエコシステムはMantle Networkの技術を活用し、さらに進化することが期待されている。また、SVLは2024年上半期に暗号資産(暗号通貨)取引所への上場が予定されており、この提携はその上場に向けた重要なステップとなる。

新たな決済ビジネスの展開

この提携は暗号資産決済ビジネスの新たな構築にも繋がる。SVLエコシステムではVote Escrowed(ve)TokenであるveSVLを採用したインセンティブ設計を導入し、veSVL保有者に事業収益を還元するという計画がある。さらに、収益はMantle Networkの独自トークンMNTの買い上げに使用され、veSVL保有者にはリワードとしてMNTが付与される仕組みが構築されている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次