ジュピターエクスチェンジ『JUP』がバイナンス・ByBit・OKXに上場

ジュピターエクスチェンジ(Jupiter Exchange)が、ソラナベースの取引アグリゲーターとして、業界で最大のオンチェーン取引プラットフォームになった。この地位は過去24時間で処理された5億ドル以上のトランザクションによって実証されている。特にUSDコイン(USDC)/ソラナ(SOL)ペアの取引が活発であり、この成功はイーサリアムベースのユニスワップv3を上回るものである。

ジュピターの強みは複数のソラナベース取引所に注文をルーティングし、最良の価格を実行することにある。これによりトレーダーはより効率的かつ利益を最大化する取引を可能にしている。また、開発者が発行したミームコイン「WEN」で高い取引高を記録し、市場での影響力と革新性を示している。これらの成功はソラナベースのJUPトークンのローンチとエアドロップに先立って行われており、ソラナコミュニティと暗号資産業界全体への期待を高めている。

今回の記事では最近のJupiterの動向について解説する。

目次

ジュピターは最大のオンチェーン取引プラットフォーム

ジュピターエクスチェンジ(Jupiter Exchange)、ソラナベースの取引アグリゲーターはその先進的なアプローチと実績により、業界で最大のオンチェーン取引プラットフォームとなった。この地位はジュピターが過去24時間で処理した5億ドル(約750億円、1ドル=150円換算)以上のトランザクション量によって実証されている。この成果は従来のリーダーであるユニスワップv3を上回るものである。

このプラットフォームは550のトークンと5550以上の取引ペアを持ち、中でもUSDコイン(USDC)/ソラナ(SOL)ペアの取引が最も活発である。ジュピターの強みは複数のソラナベースの取引所に注文をルーティングし、取引時に利用可能な最良の価格を実行することにある。この機能はトレーダーにとって非常に魅力的で、より効率的かつ利益を最大化する取引を可能にする。

ジュピターの取引量の増加は暗号通貨市場におけるその影響力の拡大を示している。特に、イーサリアムベースのユニスワップv3の取引量を上回ったことはソラナエコシステムの成長と、分散型金融(DeFi)の分野におけるその役割の増大を示唆している。

さらに、ジュピターエクスチェンジはその開発者が先週発行したミームコイン「WEN」で約1億5000万ドル(約225億円)の取引高を記録した。このような動きは市場での彼らの影響力と革新性を反映しており、今後の展開が注目される。

これらの成功はソラナベースのJUPトークンのローンチとエアドロップに先立って行われており、ソラナコミュニティと暗号資産業界全体に対する期待を高めている。JUPの発行は既に大規模なエアドロップを受け取る資格を持つ100万近いソラナウォレットにとって、特に重要である。これらの動きはソラナエコシステムのさらなる活性化と拡大に寄与し、新たな機会を生み出すことが期待されている。

「Jupiter」が「JUP」のテスト配布を開始

ソラナ(Solana)ベースの分散型取引所(DEX)「ジュピターエクスチェンジ(Jupiter Exchange)」はその独自トークン「JUP」のローンチに向けて、テスト配布を開始した。これは暗号資産の分野において、新しいトークンの導入と展開の方法として注目されている。

このテスト配布はJUPの公式ローンチに先立って行われるもので、東部標準時1月31日10:00(日本時間2月1日0時)に本格的なエアドロップが実施される予定である。この前段階として、ジュピターエクスチェンジ開発者meow氏はテストバージョンの「モックJUP(mockJUP)」を使用して、1月17日に最初のテスト配布を開始した。このテスト配布はテストサイトから請求可能となっており、実際の流れとシステムの安定性を確認するために重要なステップである。

さらに、ジュピターエクスチェンジは2回目のテスト配布をミームコインを用いて行うことを予定している。これは新しいトークン導入のプロセスをさらに革新的なものにしている。meow氏はこのミームコインが「ジュピターエクスチェンジ」によるものではなく、別の名称であることを明らかにしている。

これらのテスト配布は暗号資産コミュニティにとって、新しいトークンの導入方法として興味深いものである。特にJUPのエアドロップは昨年11月に発表されて以来、多くの注目を集めている。このエアドロップは合計で100億枚が発行される予定で、第一回目の配布数は10億JUPになるとされている。

JUPはローンチ後にジュピターエクスチェンジのガバナンストークンとして使用されることが決定している。これにより、トークン保有者はDEXの運営に直接影響を及ぼすことができ、分散型オーガナイゼーション(DAO)の一環として、その決定プロセスに参加することが可能である。meow氏はJupiter DAOが非常に効果的で先見的であり、インサイダー投票を排除した分散型のガバナンスモデルを提供すると述べている。

これらのテスト配布とエアドロップの実施はジュピターエクスチェンジが将来的にどのように展開されるか、そしてソラナエコシステム全体がどのように影響を受けるかについて、重要な示唆を与えている。これは暗号資産市場における革新的な取り組みの一例であり、業界の動向を左右する可能性がある。

バイナンスにジュピターが上場

バイナンスはソラナブロックチェーン上の分散型取引所(DEX)であるジュピターエクスチェンジ(Jupiter Exchange)のトークン「JUP」を上場させることを発表した。この動きは暗号資産業界における重要な進展と見なされている。

JUPトークンは1月31日15:00(世界協定時、日本時間2月1日0:00)にローンチおよびエアドロップが実施される予定である。このエアドロップはバイナンスだけでなく、Bybit、OKX、Bitgetなどの他の海外暗号資産取引所でも同時に行われる。

バイナンスではJUPの取り扱いは1月31日15:30(世界協定時)から開始され、取引ペアとしてはJUP/USDT、JUP/FDUSD、JUP/TRYがサポートされる。また、バイナンスは既にJUPの入金を開始しており、出金は2月1日15:30(UTC)から対応される予定である。

しかし、バイナンスによると、JUPは他のトークンに比べて高いボラティリティとリスクを持つ可能性があるため、「シードタグ」が適用されている。このタグが付けられたトークンを取引するためにはバイナンススポットまたはバイナンスマージンプラットフォームで90日ごとのクイズに合格し、利用規約に同意する必要がある。

一方、ジュピターエクスチェンジ自体はソラナベースの取引アグリゲーターとして注目を集めており、過去24時間で5億ドル以上のトランザクションを処理し、一時はUniswap v3を上回る最大のオンチェーン取引プラットフォームになった。このプラットフォームには550のトークンと5550以上の取引ペアがあり、USDコイン(USDC)/ソラナ(SOL)ペアの取引が特に活発である。

このようにJUPの上場とエアドロップはソラナエコシステムにおける大きな動きであり、暗号資産市場に新たな活動をもたらす可能性がある。特に、大規模なエアドロップは100万近いソラナウォレットに影響を及ぼすことで、ソラナのネットワーク活動をさらに刺激することが期待されている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次