Hederaのスマートコントラクトによる検証のアップデート情報が公開

スマートコントラクト検証の重要性はブロックチェーン技術の透明性と安全性を高める上で不可欠である。ユーザーによる安全性評価の促進とヘデラのようなプラットフォームの継続的な強化はブロックチェーンエコシステムの信頼性を高め、デジタル経済の成長に寄与する。これにより、ブロックチェーンとスマートコントラクトの技術はより多くの人々にとって利用しやすく、信頼できるものになっていく。

今回の記事では2024年1月13日にHederaにより公開されたばかりのスマートコントラクト関する内容を紹介する。

目次

はじめに:スマートコントラクト2.0の進化とヘデラの新機能

ブロックチェーンの世界では常に新たな進化が見られるが、2022年2月にスマートコントラクト2.0が導入されたことは特筆に値する。スマートコントラクト2.0は従来のスマートコントラクトの概念を大きく進化させ、より高度な機能と拡張性を提供している。この進化により、デジタル契約の自動実行が、以前にも増して柔軟かつ効率的になった。

スマートコントラクト2.0の導入とその進化

スマートコントラクト2.0の登場はブロックチェーン技術の新たなマイルストーンと言える。このバージョンアップにより、スマートコントラクトはより多くのデータと複雑なロジックを処理できるようになった。例えば、より複雑な取引条件の実装、効率的なトランザクション処理、そしてセキュリティの強化などが挙げられる。これにより、スマートコントラクトは多岐にわたる産業での応用が期待されている。

ヘデラのスマートコントラクトエコシステムへの新機能:スマートコントラクトの検証

ヘデラのスマートコントラクトエコシステムに新たに追加された機能はスマートコントラクトの検証機能である。この機能はスマートコントラクトのオーナーとユーザー間の信頼とセキュリティを高めるために設計されている。特に、ディセントラライズドファイナンス(DeFi)製品にとっては必須の機能と言える。

この検証機能はEthereum Virtual Machine (EVM) エコシステムでの実績を基にしている。EVMではスマートコントラクトのユーザーがそのソースコードを閲覧できるようになっており、これによってトランザクションの透明性が保たれている。ヘデラのエコシステムではこのプロセスがさらに洗練され、ユーザーがスマートコントラクトのソースコードを確認し、その信頼性を評価できるようになった。

スマートコントラクトの検証機能はSwirlds Labsが提供するSourcifyツールをベースにしている。このツールはhashscan.ioで利用可能で、他のブロックチェーンネットワークへのサポートを削除し、ユーザーインターフェースや体験をカスタマイズしている。これにより、ヘデラのテストネットやプレビューネットが定期的にリセットされた際に、保存された検証情報もリセットされるようになっている。

この検証機能の導入はヘデラのスマートコントラクトエコシステムにおける透明性を大幅に向上させる。契約のオーナーとユーザー間の信頼を構築し、DeFi製品などのセキュアな環境を提供することが可能になる。また、ヘデラネットワークのスマートコントラクトが、より広範囲にわたる産業で利用される基盤を築くことにも寄与する。

スマートコントラクト2.0の導入と、ヘデラにおけるスマートコントラクト検証機能の追加はブロックチェーン技術の進化と応用範囲の拡大を象徴している。これらの進歩は今後のデジタル経済におけるトランザクションの透明性と効率性を高める重要なステップとなるのだ。

Hderaのスマートコントラクト
https://medium.com/hedera/ より引用

スマートコントラクト検証の背景

ブロックチェーン技術、特にスマートコントラクトの領域では透明性と信頼性が極めて重要である。この背景の中で、スマートコントラクト検証の概念が重要な役割を果たしている。

Ethereum Virtual Machine (EVM)エコシステムでのスマートコントラクト検証の重要性

Ethereum Virtual Machine(EVM)はイーサリアムネットワーク上でスマートコントラクトを実行するための環境を提供する。EVM上で動作するスマートコントラクトはその透明性と信頼性を保証するために検証される必要がある。この検証プロセスはスマートコントラクトが公開されたソースコードに基づいて正しく実行されていることを確認する。これにより、不正行為や悪意のあるコードのリスクを最小限に抑え、ユーザーの信頼を確保することができる。

EVMエコシステムにおけるスマートコントラクトの検証は特にディセントラライズドファイナンス(DeFi)やその他のブロックチェーンベースのアプリケーションにとって重要である。これらのアプリケーションはしばしば大量のトランザクションと資金を扱うため、その安全性と透明性は極めて重要である。

スマートコントラクト検証プロセスの概要

スマートコントラクトの検証プロセスは基本的にはいくつかの簡単なステップに分けられる。まず、スマートコントラクトの所有者がコントラクトをネットワークにデプロイする。その後、通常はコントラクトの所有者自身が、検証サービスにアクセスし、デプロイされたスマートコントラクトに関連するソースコードやメタデータをアップロードする。

この時点で、検証サービスは必要に応じてアップロードされたソースコードをコンパイルし、その結果得られたコンパイル済みバイトコードと、ネットワーク上にデプロイされたコントラクトのバイトコードを比較する。この比較から、検証サービスは「不一致」、「部分一致」、または「完全一致」(完璧な一致)のいずれかの結果を出する。

部分的または完全な一致が得られると、検証サービスは検証結果とアップロードされたソースコードをリポジトリに保存する。そして、スマートコントラクトのユーザーはエクスプローラーでスマートコントラクトを検索し、検証結果を確認したり、ソースコードを見て評価することができる。

このプロセスにより、ユーザーは検証サービスからの保証を得て、ネットワーク上にデプロイされたコントラクトと一致するソースコードをレビューし、評価することができる。ただし、技術的な知識が必要な場合があり、すべてのユーザーがこのレビューを行うわけではない。そのため、多くの場合、専門家に依頼してレビューを行い、結果を報告してもらいる。

しかし、重要なのはスマートコントラクトの検証がそのコントラクトが良いか悪いか、安全か危険かを断定するものではないということである。検証の存在は単にソースコードがレビュー可能であることを意味し、それがユーザーにとって交流に値するかどうかを判断するのはユーザー自身の責任である。

スマートコントラクトの検証はブロックチェーンの透明性を高め、ユーザーがより安心して取引できる環境を提供する。特に、DeFiなどの分野ではユーザーがコントラクトの安全性を自身で評価することが重要である。このプロセスはブロックチェーンエコシステム全体の健全性と信頼性を保つために不可欠な要素であり、今後もその重要性は高まることになる。

ヘデラスマートコントラクト検証サービスの概要

ブロックチェーンテクノロジーの進歩に伴い、スマートコントラクトの安全性と透明性がますます重要になっており、ヘデラスマートコントラクト検証サービスは注目に値する進展を示している。

Swirlds LabsによるSourcifyツールの導入

ヘデラのスマートコントラクト検証サービスの核となるのはSwirlds LabsによるSourcifyツールの導入である。Sourcifyはスマートコントラクトのソースコード検証を自動化するオープンソースのツールで、コントラクトの透明性を保証することを目的としている。このツールの導入により、ヘデラネットワーク上でデプロイされたスマートコントラクトの信頼性が向上し、エンドユーザーに対してより安全で透明なデジタル取引環境を提供することが可能になった。

Sourcifyのカスタマイズと機能

ヘデラはhashscan.ioを通じてSourcifyツールを提供している。このプラットフォームはユーザーインターフェースのカスタマイズや、ヘデラ特有の機能を取り入れることで、Sourcifyをヘデラエコシステムに最適化している。例えば、ヘデラのテストネットやプレビューネットがリセットされる際に、保存された検証情報も同時にリセットされる機能などがある。これにより、ユーザーは常に最新の情報に基づいてスマートコントラクトを評価することができる。

ヘデラのエコシステムにおける検証オプション

ヘデラエコシステム内でのスマートコントラクト検証オプションは多様である。ユーザーは直接verify.hashscan.ioにアクセスして検証を行うことができるほか、Hashscan.ioのブロックチェーンエクスプローラーを通じても検証が可能である。また、他のブロックチェーンエクスプローラーも、Sourcifyインスタンスを利用して、自身のサービス内で検証機能を提供することができる。

このように、ヘデラスマートコントラクト検証サービスはエンドユーザーにとって重要なセキュリティと透明性を提供する。Sourcifyツールのカスタマイズと組み合わせることで、ヘデラネットワーク上でデプロイされたスマートコントラクトの検証が簡単かつ効果的に行えるようになっている。この検証サービスはユーザーがコントラクトのソースコードを確認し、その内容を理解し、信頼性を評価するための重要なツールとなっている。

ヘデラのエコシステムではスマートコントラクト検証が一般的な実践となり、ユーザーが安心してデジタル資産を取引するための基盤を提供している。Swirlds LabsによるSourcifyの導入と、ヘデラエコシステムへのその統合はブロックチェーンの透明性と信頼性を高める上で大きな一歩を意味する。これにより、ユーザーはより安全で信頼性の高いスマートコントラクトを利用できるようになり、ヘデラネットワークはデジタル経済の新しい時代に向けた重要な役割を担っている。

スマートコントラクト検証のエコシステム

ブロックチェーンの透明性と信頼性を高めるため、スマートコントラクトの検証エコシステムは重要な役割を果たしている。このエコシステム内では多くの検証サービスが存在し、それぞれが異なる機能と特徴を持っている。

主要な検証サービス:Sourcify、Etherscan、その他

Sourcifyはオープンソースで提供される主要なスマートコントラクト検証ツールの一つである。これはソースコードがブロックチェーンにデプロイされたコントラクトと一致することを確認するために使用される。Sourcifyは透明性の高い検証プロセスを提供し、ユーザーがスマートコントラクトの信頼性を確認するのに役立っている。

一方、Etherscanはイーサリアムブロックチェーンの最も広く使用されているブロックチェーンエクスプローラーであり、スマートコントラクトの検証機能も提供している。Etherscanを通じて、ユーザーはスマートコントラクトのソースコードを確認し、検証結果をレビューすることができる。

さらにその他にも、Polygonscan、Arbiscan、FTMscanなど、Etherscanに似たサービスが存在し、それぞれ異なるブロックチェーンに特化した検証機能を提供している。これらのサービスはユーザーにスマートコントラクトの透明性を提供し、ブロックチェーンエコシステム内での信頼を構築する上で重要な役割を果たしている。

ヘデラとEVMの検証サービスの相互運用性

ヘデラスマートコントラクトエコシステムにおいても、検証サービスは重要な役割を果たしている。特に、ヘデラはEVM(Ethereum Virtual Machine)との相互運用性に注力している。これにより、ヘデラネットワーク上でデプロイされたスマートコントラクトはEVM互換の検証ツールを使用して検証することが可能になる。

この相互運用性はヘデラとEVMベースのブロックチェーンエコシステム間でのスマートコントラクトの検証を容易にし、開発者とユーザーにとっての柔軟性とアクセシビリティを向上させている。例えば、スマートコントラクトがヘデラと他のEVM互換チェーンの両方でデプロイされる場合、開発者は同じ検証ツールを使用して両方のネットワークでコントラクトを検証できる。これにより、開発の効率が上がり、ユーザーはどのネットワークにおいても一貫した検証結果を得ることができるのだ。

また、ヘデラとEVMエコシステム間の相互運用性は様々なブロックチェーンネットワークをまたぐデータの流れを促進する。これはより広範なブロックチェーンエコシステムの透明性と信頼性を高めることに貢献し、エンドユーザーにとってより安全で信頼できる環境をも提供する。

スマートコントラクト検証のエコシステムはブロックチェーン技術の進化に伴い、より複雑かつ洗練されたものになっている。Sourcify、Etherscan、その他の検証サービスの提供により、開発者とユーザーはスマートコントラクトの信頼性を確実に評価できるようになり、ヘデラとEVMの相互運用性はこのプロセスをさらに強化している。この進展はブロックチェーンエコシステム全体の健全性を保ち、デジタル世界での信頼とセキュリティを高めるために不可欠であると言える。

スマートコントラクト検証のプロセス

ブロックチェーン技術の核心部分であるスマートコントラクトはその安全性と信頼性が重要である。このコンテキストで、スマートコントラクトの検証プロセスはブロックチェーンエコシステムにおいて不可欠な役割を果たしている。

スマートコントラクトのデプロイと検証ステップ

スマートコントラクトの検証プロセスは基本的に以下のステップで構成されている。

  1. スマートコントラクトのデプロイ:まず、開発者はスマートコントラクトをブロックチェーンネットワークにデプロイする。これはコントラクトのコードをブロックチェーン上に公開し、実行可能な状態にするプロセスである。
  2. ソースコードのアップロード:デプロイ後、開発者またはコントラクトの所有者は検証サービス(例えばEtherscanやSourcifyなど)にアクセスし、スマートコントラクトに関連するソースコードとメタデータをアップロードする。
  3. コードの比較と検証:検証サービスはアップロードされたソースコードをコンパイルし、生成されたバイトコードをブロックチェーン上のコントラクトのバイトコードと比較する。この比較を通じて、検証結果が決定される。

検証結果の種類

スマートコントラクトの検証プロセスはブロックチェーンエコシステム内でのコントラクトの安全性と透明性を確保するための重要なステップである。完全一致、部分一致、不一致という検証結果はユーザーがスマートコントラクトに関与する際の重要な参考情報を提供する。このプロセスにより、ブロックチェーンテクノロジーの進化とともに、ユーザーの信頼とセキュリティが高められている。スマートコントラクトの透明性を確保することはデジタル経済の成長と発展において不可欠な要素である。

検証プロセスの結果として、以下の3種類の結果が得られる。

  1. 完全一致 (Full Match):これはアップロードされたソースコードがブロックチェーン上のコントラクトと完全に一致することを意味する。完全一致はコントラクトの透明性と信頼
    性が高いことを示し、ユーザーに安心感を提供する。
  2. 部分一致 (Partial Match):部分一致はアップロードされたソースコードが主要な部分ではブロックチェーン上のコントラクトと一致しているが、一部の細かい違いがある場合に発生する。これは通常、メタデータのハッシュの違いなど、小さな違いによるものである。部分一致はコントラクトが基本的には信頼できるが、完全な透明性が確保されていないことを意味する。
  3. 不一致 (No Match):不一致はアップロードされたソースコードがブロックチェーン上のコントラクトと全く異なる場合に発生する。これはコントラクトが不透明であるか、潜在的なリスクがあることを示唆している。不一致の結果はユーザーに警告信号として機能し、さらなる調査や注意を促する。

結論:スマートコントラクト検証の重要性とその影響

ブロックチェーン技術とデジタル経済の進展において、スマートコントラクトは不可欠な要素である。その中核にあるスマートコントラクト検証のプロセスは透明性と安全性を保証するために重要な役割を果たしている。

スマートコントラクト検証の重要性とそれがもたらす透明性

スマートコントラクト検証はデジタル取引の透明性を確保するために不可欠である。検証プロセスを通じて、スマートコントラクトのソースコードが公開され、その内容がブロックチェーン上で実行されているコントラクトと一致しているかが確認される。これにより、ユーザーはコントラクトの信頼性を評価し、安全に取引を行うことができる。

透明性はブロックチェーン技術の根幹を成すものであり、ユーザーがスマートコントラクトを信頼し、それを利用するための基盤を提供する。透明性の高い環境は不正行為や悪意のあるコードからユーザーを保護し、健全なブロックチェーンエコシステムの維持に寄与する。

ユーザーによるスマートコントラクトの安全性評価の重要性

スマートコントラクトの検証はユーザー自身がコントラクトの安全性を評価するための情報を提供する。検証結果をもとに、ユーザーは自らの判断でスマートコントラクトを使用するかどうかを決定できる。特にディセントラライズドファイナンス(DeFi)のような分野ではスマートコントラクトの安全性が直接的な財務リスクに関連するため、このプロセスは特に重要である。

ユーザーが自らの判断で安全性を評価できることはブロックチェーン技術の信頼性を高め、より広範囲な採用につながる可能性がある。透明性とユーザー主導の安全性評価はブロックチェーンとスマートコントラクトの普及において重要な要素である。

ヘデラのスマートコントラクト機能の継続的な強化とその影響

ヘデラはそのスマートコントラクト機能を継続的に強化している。これにより、ユーザーにとってより信頼性の高い環境が提供され、新たなアプリケーションやサービスの開発が促進される。ヘデラのスマートコントラクト検証サービスはプラットフォームの透明性を高め、開発者とユーザー双方にとってより安全な環境を提供する。

ヘデラのようなプラットフォームの進化はブロックチェーンエコシステム全体の進歩に寄与し、デジタル経済の成長をサポートする。スマートコントラクトの検証機能の強化はユーザーの信頼を得るために不可欠であり、ブロックチェーン技術のより広範な採用を促進するための重要なステップである。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次