MENU

Play-To-Earnとは?おすすめのゲーム銘柄と無料で稼ぐ仕組み

2020年から2021年にかけてDeFiやStaking銘柄が流行し暗号資産市場バブルが到来したが、2022年には完全にバブルが崩壊し市場は低迷している。しかしそんなバブルがはじけた市場の中でも「NFT」「メタバース」「XX-To-Earn」といったいくつか成長しているジャンルがあるのをご存知だろうか。

2022年に流行したSTEPNやTwitiFiといったPlay-To-Earn(プレイ・トゥ・アーン)は多くの人がご存知かと思うが、今後そのようなゲームは開発が進められ、新しい発想と共に次々と誕生して来ることかと思われる。

この記事をご覧の方はおそらく「Play-To-Earn」のゲームを探しており辿り着いた方が多いかと思う。今回の記事ではPlay-To-Earnって何?という基礎的な情報とどんなゲームがあるのかを解説する。

この記事でわかる事
  1. Play-To-Earnとは何か?
  2. Play-To-Earnの暗号資産の銘柄
目次

Play-To-Earnとは?

まず最初にPlay-To-Earnについてだが、読み方は「プレイ・トゥ・アーン」「プレイ・ツー・アーン」呼ばれている。Play-To-Earnの特徴はとにかく「ゲームをプレイしながら稼ぐ」という所である。今後世の中では当たり前となる仕組みであり、今のうちに勉強して理解する事をオススメする。

Play-To-Earnとは何?
  • 「Play-To-Earn」は「ゲームプレイして稼ぐ」という新しいビジネスモデル。
  • 従来のゲームはプレイするだけで、そこから利益を得ることはできなかった。
  • ブロックチェーンの技術の普及により、NFTによりアイテムの価値の担保、暗号資産から日本円の換金を可能となった。

遊んで稼ぐ

「Play」は遊ぶ、「Earn」は稼ぐという意味であり、「Play-To-Earn(プレイして稼ぐ)」はゲームをプレイして遊んで稼ぐと言う事を意味している。ゲームをプレイするにより、そのゲーム内で採用されいてる暗号資産などを利益として得ることができる仕組みの事を言う。さらにその暗号資産はビットコインイーサリアムなどの暗号資産の換金だったり、最終的には日本円へと換金することができるのだ。

あわせて読みたい
イーサリアムとは?ブロックチェーンの仕組みと特徴をわかりやすく解説 イーサリアムは単なる暗号通貨ではなく、スマートコントラクト、dapps(分散型アプリ)、およびその他のDeFiプロジェクトをサポートする能力を備えたプログラム可能なブロ...

他にも「Move-To-Earn(動いて稼ぐ)」や「Walk-To-Earn(歩いて稼ぐ)」といった言葉もあるが、これらも共通して日常生活の中で何かをすることでその見返りとして報酬を得ることができる。

Play-To-Earnが注目されている理由の一つに無料で稼げる事がある。Play-To-Earnのゲームプレイが無料かどうかはそのゲームにより異なるが、大体のゲームにおいて無課金で始めることができるプランがある。稼げる金額もそのゲームにより異なるが、一日数百円であれば簡単に稼ぐことができるのがPlay-To-Earnの特徴だ。

最近流行しているPlay-To-Earnといえば、STEPNやTwitFiだが、これらは難しいパソコンを使ったメタバースやブロックチェーンゲームではなくスマホのアプリで手頃にユーザーを取り込んでいる。

従来のゲームはゲーム内でのみ使える通貨

従来のゲームというのは、ゲーム内で使用される通貨をいくら稼いでも現実社会では活用することが困難であった。

例えば、ドラクエのようなRPGゲームをいくらレベルをあげて、モンスターを倒したとしてもそこで手に入るお金というのはあくまでもゲームでアイテムや武器を買ったりするのに使えるだけだった。いくら稼いでもそのゲーム内にとどまり、そのほかのゲームでは使えないのだ。

その理由はゲームでアイテムを改ざんしたり、複製したり好き放題できる為であり、さらにはそのゲーム内のコインを換金する術がなかったのである。

ブロックチェーンの仕組みが可能にする

従来のゲームではゲーム内で使用できるコインで収まっていたが、それを現実社会でも使えるように可能になった背景にあるのはブロックチェーンの普及である。

ブロックチェーン技術を搭載した暗号資産の普及により、透明性が保つことができ、さらには暗号資産から法定通貨への換金を容易にすることを可能となったからだ。

ブロックチェーンの応用により誕生したNFT、これによりゲーム内のアイテムが複製されたもの、改ざんされたものでは無いものであることを証明する。これによりアイテムの価値が裏付けられ担保されるのである。

さらにゲーム内で使われている通貨というのは、そのゲーム内でしか使えず換金する術すらなかった。ところが、現在では暗号資産が普及しており、DEX(分散型取引所)で容易にスワップできたり、CEX(中央集権型取引所)にListされている暗号資産であれば取引をすることができる。

ビットコインイーサリアムといった日本国内でも取り扱われている暗号資産へと交換して、最終的には日本国内の取引所を利用して日本円へと交換して銀行口座へと移動することができるのである。

Play-To-Earnで稼ぐ方法

Play-To-Earnはゲームをプレイして稼ぐという定義ではあるのだが、ただ単純にゲームプレイで稼ぐだけでは無く稼ぐ方法には大きく3通り存在する。実際にゲームをプレイする事なく、さまざまな手段で稼ぐことも出来るので参考にして頂きたい。

Play-To-Earnで稼ぐ3パターン
  1. ゲームをプレイして進める事で稼ぐ。
  2. アイテムなどのNFTを売買して稼ぐ。
  3. 取引所で暗号資産を売買して稼ぐ。

ゲームをプレイして稼ぐ

「Play-To-Earn」の醍醐味はゲームプレイを進めていき、楽しみながら稼ぐことにあると思う。

ゲームを進めていくと、ゲーム内のキャラクターのレベルがあがったり、モンスターを倒してアイテムをゲットすることが出来る。

これらはそのゲームの内容に異なるが、レベルが上がることにより毎月報酬を得ることができる仕組みが大半である。

この「ゲームをプレイして稼ぐ」というのは下記のNFTで稼いだり、暗号資産を売却して稼ぐことのベースとなる部分である。ここがしっかり構築されていないゲームでは、NFTで稼ぐことも、暗号資産の売却により稼ぐことができないのである。

あわせて読みたい
NFTとは?非代替性トークンの歴史と特徴とブロックチェーンを解説 NFTは非代替性トークンを意味しており、通常、暗号通貨に使用されるのと同じ種類のプログラミングを使用して作成される。簡単に言えば、これらの暗号資産はブロックチェ...

NFTの売買で稼ぐ

ゲーム内で使われるアイテム(キャラクター・土地・武器など)の取引で稼ぐこともできる。成功事例としてはSANDBOXやDecentraland(ディセントラランド)などのゲームにおけるLAND(ランド:土地)である。

ゲームの初期段階ではこれらのLAND(土地)を所有しておくと、後々ゲームが流行した際には大きなリターンを得ることができるのだ。ただし、ただLAND(土地)を持っていれば言い訳でもないのが難しいところである。

メタバース空間において、現実社会と同じように中心街であるほど、土地の価格が高騰する可能性ががある。中心街から離れた土地の価格はなかなか値がつかないのである。

あわせて読みたい
メタバースとは?仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の歴史と技術を説明 メタバースという用語が流行したのは数年だが、人々の生活を変える没入型の3Dインターネットという概念は、何十年も前から存在している。 現在、メタバースはほとんど構...

しかし都市開発のように、中心街は時代と共に変化する可能性も十分ある。このあたりの見極めができるかがNFTで稼ぐことができる重要なスキルである。

暗号資産の売買で稼ぐ

Play-To-Earnのゲームは数多くあり、そのほとんどが時価総額が1,000位以下のいわゆる草コインの銘柄である。

取引所でゲーム銘柄の暗号資産を購入・売却の取引により利益を得る。ゲームが流行すると、ユーザーがゲーム内で暗号資産を使用する。つまり購入するわけだが、相対取引において使用するユーザーが多いほど買い手が多く当然その暗号資産の価値は上昇する。

Play-To-Earnのブロックチェーンゲームを実際にプレイをする事なく、放置で利益を出したいという場合には暗号資産の投資を選択するといいだろう。草コインの銘柄を事前に購入しておくか、ゲームが流行し始める初期で購入するかで大きくリターンを得ることになるだろうと思われる。

P2E銘柄は下記にて紹介する。

Play-To-Earnのおすすめゲーム銘柄

私が調べた限りではP2Eのゲームは数多くある。日本では話題になっていないものも多いのだが、人知れずOKXなどの海外の大手取引所で扱われている銘柄もありNFTの購入やPlay-To-Earnの関連銘柄暗号資産への投資をする方は下記内容を参考にしてほしい。

なおこちらの内容は常に最新に更新しておく予定であり、ぜひ定期的にご覧いただきたい。

Apecoin(APE)

Apecoinは世界で最も有名なNFTコレクションの一つである「Bore Ape Yacht Club(ボアードエイプヨットクラブ):BAYC」が運営する暗号資産(ガマバンストークン)である。

BAYCは2021年に誕生依頼、エミネムやジャスティンビーバーなどの世界的な著名人がSNSのアイコンにするなどして今でも絶大な人気を誇るNFTである。

NFTの業界で絶大な人気を誇るBAYCだが、Apecoinの歴史はまだまだ浅く2022年3月にローンチし一年も経過していない状況にも関わらず、すでに時価総額は32位であり人気が色褪せることなく今後も継続するだろうと思われる。

あわせて読みたい
Apecoin(APE:エイプコイン)とは?特徴と購入方法を解説 Apecoin(エイプコイン:APE)は2022年3月17日のローンチ以降、世界中のデジタル通貨投機家から大きな注目を集めている。 今回の記事ではApecoin(エイプコイン)に関し...

時価総額は暗号資産のプロジェクトの規模を示すランキングのようなものだが、Play-To-Earnというジャンルのランキングの中ではApecoinが1位となっている。

項目内容
暗号資産の名称Apecoin
シンボル名APE
サイトURLhttps://apecoin.com/
時価総額32位
上場先取引所Binance/Coinbase/Kucoin/BitFinex…
コントラクト0x4d224452801ACEd8B2F0aebE155379bb5D594381
桁数18
監査certik/chainsulting

Axie Infinity(AXS)

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)だが、2021年から2022年に掛けて東南アジアの方でブームになったブロックチェーンゲームである。

あわせて読みたい
Axie Infinity(アクシーインフィニティ)とは?特徴と将来性と購入方法を解説 2023年ブロックチェーンゲームが流行する中で再び注目を浴びているAxie Infinity(アクシーインフィニティ)について解説する。2年ほど前に東南アジアの方で流行したP2Eの...

噂話だが「仕事をするよりもAxie Infinityをプレイする方が儲かる」といった情報を聞いたことはないだろうか?ベトナムやフィリピンなどの東南アジア諸国においては月収は数万円程度なのである。収入が日本に比べて低い発展途上国においてはPlay-To-Earnの恩恵を受けやすい環境である。

Axie Infinityの初期には数十万円も稼ぐことができ、仕事をするよりもゲームをする方が稼げた時期もあった。今では以前ほど稼げないが、Play-To-Earnを世の中に広めた代表的なブロックチェーンゲームこそがAxie Infinityである。

Axie Infinityのパートナーには誰もが知っている大企業が連なっており、今後も期待できる暗号資産銘柄の一つである。

項目内容
暗号資産の名称Axie Infinity
シンボル名AXS
サイトURLhttps://axieinfinity.com/
時価総額52位
上場先取引所Binance/Bithumb/Coinbase/Kucoin…
コントラクト0xBB0E17EF65F82Ab018d8EDd776e8DD940327B28b
桁数18
監査certik/verichains

The Sandbox

The Sandboxはマインクラフトの様なボックス型のブロックチェーンゲームである。日本国内でもCoincheck(コインチェック)などでNFTを購入することができ、日本でも知名度が高い人気暗号資産である。

The Sandboxはすでに開発がある程度進んでおり、メタバース空間はすでにローンチされておりユーザーは十分に遊ぶことができる環境が整っているのが特徴である。

あわせて読みたい
The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは?ゲーム内容と購入方法を徹底解説 The Sandbox(ザ・サンドボックス)はゲームのダウンロード回数4,000万、アクティブユーザー数は100万人/月以上いる人気のブロックチェーンゲーム・メタバースである。 ...

また3Dボクセルアートを制作できるVox Editor(ボックスエディター)が無料で公開されており、ゲーム内で使用できるアイテムやキャラクターを作ることができる。ただし現在はまだベーター版の段階であり、作成はできるが販売は出来ない状態であり今後解禁されると爆発的にNFTコレクターやユーザーが殺到することが予想される。

項目内容
暗号資産の名称The Sandbox
シンボル名SAND
サイトURLhttps://www.sandbox.game/jp/
時価総額53位
上場先取引所Binance/Bithumb/Kucoin/Coinbase…
コントラクト0x3845badAde8e6dFF049820680d1F14bD3903a5d0
桁数18
監査certik

Decentraland(MANA)

Decntraland(ディセントラランド)のDecntral(分散型)のLand(土地)のメタバース空間である。

Decntraland(ディセントラランド)はアメリカ合衆国カリフォルニア州に拠点を持つ「Decentraland Foundation」が開発を進めているプロジェクトであり、Decentralandでは「DAO(分散型自立組織)」による運営となっている。世界中の投資家や協力企業のサポートを受けている。最近ではメタバースやWeb3.0は注目を浴びているが、以前から開発を進めており他のプロジェクトよりも多くの人が期待しているはずだ。

あわせて読みたい
Decentraland(ディセントラランド)とは?特徴と将来性と購入方法を解説 Decentraland(ディセントラランド)というブロックチェーンによるメタバースプロジェクトをご存知だろうか。 Decentralandは、ブロックチェーン業界で長年実績を積み重ね...

今現在ではすでにベータ版となるDecntraland(ディセントラランド)が公開されており、メタバース空間にアクセスすることが可能だ。ユーザーはランド内で構築されている施設を利用して遊ぶことをしたり、メタバースの空間で用意されているブロックチェーンゲームをプレイしたりすることができる。

Decntraland(ディセントラランド)の投資家の多くは土地(LAND)を所有し、その土地にユーザーが作成したコンテンツを公開し利益を上げることも可能だ、あるいはその土地を貸し出したりと無限大の可能性を秘めている。

項目内容
暗号資産の名称Decentraland
シンボル名MANA
サイトURLhttps://decentraland.org/
時価総額58位
上場先取引所Binance/Coinbase/Kucoin/Bithumb…
コントラクト0x0F5D2fB29fb7d3CFeE444a200298f468908cC942
桁数18
監査certik

Enjin(ENJ)

Enjinは2009年に設立したEnjin Pte.Ltdというゲームプロダクション企業であり、現在ではブロックチェーンゲームを中心として開発をすすめている。エンジンコインは(ENJ)は他のブロックチェーンゲーム企業とは異なり、ブロックチェーンゲームの開発を支えるプラットフォームである。よってENJINというゲームがあり、そこで使われるわけでは無いのである。

最も有名なものに世界でも人気ゲーム「マインクラフト」用のプラグイン「EnjinCraft」がある。これはブロックチェーンの技術を使いマインクラフトのアセットの制作を行ったり、ウォレットを接続することを可能にする。

あわせて読みたい
Enjincoin(エンジンコイン)とは?特徴と今後の将来性と購入方法をわかりやすく解説 Enjincoin(エンジンコイン)は日本の暗号資産取引所で購入可能な人気の暗号資産である。NFTやメタバース、さらにはPlay-To-Earnのブロックチェーンゲームが今後盛り上...

またEnjinは日本国内でも人気のゲーム制作会社スクエニ(スクエア・エニックス)と提携しファイナルファンタジーの25周年記念カードやフィギアのNFTを提供したり日本企業とのつながりもあり、日本人にとっては馴染みの暗号資産と言える。

ホームページも日本語に対応しており、他のプロジェクトに比べたら親近感が湧くユーザーも多いはず。

項目内容
暗号資産の名称Enjin
シンボル名ENJ
サイトURLhttps://enjin.io/
時価総額58位
上場先取引所Binance/Coinbase/Bithumb/Kucoin…
コントラクト0xF629cBd94d3791C9250152BD8dfBDF380E2a3B9c
桁数18
監査certik

STEPN(GMT)

STEPNは2022年に誕生したばかりの暗号資産であり、「Move-To-Earn」の代表的な暗号資産の一つである。

このカラフルな一度見たら忘れない特徴的なスニーカーのデザインとなっており、ブロックチェーンの雰囲気さえもプンプンに感じさせる。

「Move-To-Earn」というのは、「動きながら稼ぐ」ことをテーマとしている。「Move-To-Earn」は持ち運びが前提となることからSTEPNは専用のスマートフォンのアプリを使用することとなる。STEPNでは万歩計と連動しており、歩くとそれに応じて報酬が入る仕組みなのである。

STEPNを利用するには専用の靴のNFTを必要とする。このシューズの種類と歩いた歩数により得ることができる報酬は決まるという仕組みとなっている。

項目内容
暗号資産の名称STEPN
シンボル名GMT
サイトURLhttps://www.stepn.com/
時価総額120位
上場先取引所Binance/Bithumb/Kucoin/Coinbase…
コントラクト0x3019BF2a2eF8040C242C9a4c5c4BD4C81678b2A1
桁数18
監査

GALA(GALA)

Galaは”楽しさを優先”をコンセプトとしたブロックチェーンゲームプラットフォームを開発しているプロジェクトである。現在では10種類以上のゲームがGalaにより公開されている。

またノードは世界中にいる10,000人以上が運営しているノード(ファンダーズノード)によりシステムは維持されているのが特徴である。従来のゲームは当然運営側がサーバーを管理し運用されているのだが、Gala Gamesはブロックチェーンの最も有名な特徴の一つである分散型でシステムを支えられている。

あわせて読みたい
Gala Games(ガラ・ゲームズ)とは?将来性と投資方法を解説 Gala Games(ガラゲームズ)はブロックチェーンゲームを現在すでに公開している暗号資産プロジェクトである。さらにはゲーム関連の暗号資産ではThe Sandbox(ザ・サンド...

現段階において複数ブロックチェーンゲームを公開しているプロジェクトにおいては時価総額が高いものの一つである。ヒットゲームが誕生するなどして将来的には価格の上昇が見込まれる。

項目内容
暗号資産の名称Gala
シンボル名GALA
サイトURLhttps://games.gala.com/
時価総額155位
上場先取引所Binance/Bithumb/Kucoin/Coinbase…
コントラクト0x15D4c048F83bd7e37d49eA4C83a07267Ec4203dA
桁数8
監査

Tamadoge(TAMA)

Tamadogeは代表的なミームコインである「Doge」と日本のペットゲーム「Tamagotchi(たまごっち)」を融合させたミームコインである。

あわせて読みたい
P2EのTamadoge(タマドージ)が175万ドル相当の資金調達に成功 Play-To-Earnが流行しつつあるが、そんな中海外で話題となっているTamadoge(タマドージ)というプロジェクトがある。 日本で大流行したペット育成ゲームである「たまご...

TAMADOGEはペットを育てるブロックチェーンゲームであり、現在クリプトエクスチェンジの大手であるOKXでも取り扱いされておりトレードすることができる。

Tamadogeのブロックチェーンゲームはまだベータ版を公開している状態であり、開発初期段階である。

今後はTamaverse(タマバース)というメタバーススペースをローンチする計画としている。またOpenseaにてTamadogeのコレクションが販売されており、先行投資としてNFTの購入することも可能だ。

項目内容
暗号資産の名称Tamadoge
シンボル名TAMA
サイトURLhttps://tamadoge.io/
時価総額2756位
上場先取引所OKX/Gate.io/MEXC…
コントラクト0x12b6893cE26Ea6341919FE289212ef77e51688c8
桁数18
監査
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次