ネオ(Neo/$NEO)とは?9つの特徴と今後の将来性をわかりやすく解説

仮想通貨NEOとは

NEOは、スマートコントラクトプラットフォームであり、イーサリアムと競合している。

NEOは、中国の暗号通貨市場での需要に対応するために作成された。NEOは、最初にAntsharesとして発売され、NEOに改名された。

NEOの開発チームは、独自のデータベース方式であるdBFTを開発し、ユーザーに高速で信頼性の高い取引を提供する。また、NEOは、NEO VMを介して異なる言語で書かれたスマートコントラクトを実行できる。

NEOは、DAppsとエンタープライズソリューションの両方をサポートし、NEOファイルシステム、NEO-ID、NEOオラクル、NEOネームサービスなどの機能を提供し、NEOのエコシステムを拡大している。

目次

ネオとは?

NEO 公式サイト

ネオの基本情報としては以下のようになっている。

項目内容
コイン名称Neo
シンボルNEO
サイトURLneo.org
時価総額ランク*58
価格*$12.3
ブロックチェーン
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
Kucoin(クコイン)
Coinbase(コインベース)
最大供給量 *70,538,831 NEO
総合供給量 *100,000,000 NEO
循環供給量 *100,000,000 NEO
NEO 基本情報

*2023年3月現在時点

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)によると、NEOの2023年3月現在の時価総額は58位となっている。

TradingViewのリアルタイムに更新されるチャートより、NEOの価格は下記の通りである。

ネオの開発

ネオの開発については以下の企業やメンバーにより進められた。

  • NEOは中国の技術企業であるOnchainが開発したプロジェクトで、Onchainは既に多くのブロックチェーン関連のプロジェクトを手掛けている。
  • NEOの開発者は、主にエクスペリエンスとしては、.NETとJavaの開発に精通しているとされる。
  • NEOの中核技術であるDBFTの開発者の一人であるHongfei Daは、NEOの創始者でもある。
  • NEOの開発者コミュニティはオープンソースで、世界中から開発者が参加し、開発に貢献している。
  • NEOの開発チームは、技術的な問題に対して迅速に対処していることが知られている。
  • また、機能の追加や改善にも力を入れており、そのために新しい技術を積極的に導入している。
  • NEOの開発チームは、エンタープライズ市場にフォーカスしたプラットフォームを作ることを目指しており、そのための開発を行っている。
  • NEOの開発チームは、多言語のサポートや、エンタープライズ向けの機能など、ビジネスニーズに合わせた開発を進めている。
  • NEOの開発者は、ブロックチェーン技術の普及に力を入れており、NEO以外のブロックチェーンプロジェクトとの協力関係を築いている。
  • また、NEOが持つ多様な機能やプログラミング言語のサポートなどを通じて、ブロックチェーン技術の普及に貢献している。

ネオのストーリー

以下は、NEOの歴史に関する要点である。

  • 2014年: 「Antshares」として創設される。
  • 2015年: NEOの前身となる「Antshares」が中国で創設された。
  • 2016年: 第一回Antsharesのブロックチェーン技術発表会を開催。Antsharesがオープンソース化され、ブロックチェーン技術の世界的普及を目指す。
  • 2017年: AntsharesがNEOに改名。NEO 1.0リリース。NEOとGASの二重通貨制度導入。
  • 2018年: NEO 2.0リリース。dBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerance)の導入。
  • 2019年: NEO 3.0の開発開始。NEO 3.0は、NEOのベース層の機能の拡張、改善、高速化を目指したもの。
  • 2020年: NEOのベース層を改善することで、スマートコントラクトの実行速度を大幅に向上させるNEO3の開発が進む。
  • 2021年: NEOは、多数のパートナーシップを結び、さまざまなDApp(分散型アプリケーション)の開発が行われている。
  • 2022年: NEOは、さらに多くのパートナーシップを結び、多様な分野での採用拡大を目指している。
  • 現在: NEOは、世界中で広く採用されており、スマートコントラクトの開発や分散型アプリケーションの作成に使用されている。

ネオの特徴

NEOは、中国発のスマートコントラクトプラットフォームであり、以下の特徴を持っている。

  • ブロックチェーンによるデジタルアセットの取引をサポートしている。
  • dBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerance)アルゴリズムにより、高速かつ安定したトランザクション処理が可能である。
  • NEO VM(Virtual Machine)は、多様なプログラミング言語でスマートコントラクトを開発できる。
  • スマートコントラクト開発のためのNEOContractフレームワークを提供している。
  • NEOノードは、GUIまたはCLIを使用してインストールでき、同期することができる。
  • テストネット、プライベートチェーン(solo、NeoLocal)がサポートされている。
  • DApp(分散型アプリケーション)の開発に向けたツールやAPIが提供されている。
  • NEOのホワイトペーパーには、プラットフォームの技術的な詳細が記載されている。
  • NEOは、スマートコントラクト、全方位性、NEO FS、NEO ID、オラクル、NEO名前サービス、dBFT 2.0、相互運用性など、多様な機能を提供している。
  • NEOは、政府との協力を促進するためのNEO財団が設立されており、透明性や公正性を重視している。
  • NEO GAS(GAS)は、NEOのネイティブトークンであり、ネットワークの手数料や投票に使用される。

ネオの今後の将来性

以下は、NEOの将来性についての可能性がある点である。

  • スマートコントラクトの需要の増加:スマートコントラクトは、自動化された契約実行や、分散型アプリケーションの作成に使用される。NEOは、多様なプログラミング言語でスマートコントラクトを開発でき、開発者が利用しやすいエコシステムを提供している。これにより、NEOの需要が今後も増加する可能性がある。
  • プラットフォームの改善:NEOは、現在も開発が進んでおり、新機能や改良が継続的に行われている。これにより、NEOのプラットフォームが改善されることで、ユーザーにとって使いやすく、柔軟なプラットフォームになることが期待される。
  • 相互運用性の向上:NEOは、他のブロックチェーンとの相互運用性を持つことができる。NEOは、Ethereumとの相互運用性を目指しており、このような相互運用性により、より多くのユーザーやDApp開発者がNEOを採用する可能性がある。
  • NEO IDの採用:NEO IDは、デジタルアイデンティティに関するソリューションである。NEO IDにより、ユーザーは安全かつ信頼性の高いオンライン認証が可能になる。これにより、NEOの採用拡大に繋がる可能性がある。
  • NEO FSの開発:NEO FSは、分散型ストレージソリューションであり、NEOの開発チームが現在開発を進めている。NEO FSは、分散型ストレージの需要が増加する中、NEOがより一層有用なプラットフォームになることが期待される。
  • ネットワークの成長:NEOのノード数は、現在も増加傾向にある。ノード数が増加することで、ネットワークがより安定化し、分散型アプリケーションの開発が促進されることが期待される。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次