Moonbeam(ムーンビーム/GLMR)とは?5つの特徴と今後の将来性をわかりやすく解説

仮想通貨Moonbeam

Moonbeamは、Polkadotの開発元であるParity Technologiesによって作成されたスマートコントラクトプラットフォームで、Ethereumと互換性がある。Ethereumと同様に、Solidityと呼ばれるスマートコントラクトの開発言語を使用できる

Moonbeamは、機能性、スケーラビリティ、セキュリティを高次元で備えており、DApp開発者はEthereumの開発者が使用しているツールや技術を使用して、簡単かつ安全にアプリケーションを構築できる。

Moonbeamは、Moonriverと呼ばれる姉妹ネットワークも持ち、これにより、より多くのブロックチェーンエコシステムとの相互運用性が向上する。また、Moonbeamは、開発者がアプリケーションを構築するための多くの開発ツールやリソースを提供している。

目次

Moonbeamとは?

仮想通貨Moonbeam公式サイト
Moonbeam 公式サイト

以下はMoonbeam(ムーンビーム)に関しての要点である。

  • Ethereum互換性:Moonbeamは、Ethereum互換性を備えたPolkadot上のスマートコントラクトプラットフォームで、Ethereum開発者が簡単に移行できるように設計されている。
  • スマートコントラクト:Moonbeamは、EthereumのSolidity言語で書かれたスマートコントラクトをサポートし、開発者が既存のコードを再利用できるようにしている。
  • Polkadotエコシステム:Moonbeamは、Polkadotエコシステムの一部であり、他のPolkadotネットワークと相互運用性を持つ。
  • MoonbeamとMoonriver:Moonbeamは、Polkadot上で動作するネットワークであり、MoonriverはKusama上で動作する姉妹ネットワークである。
  • パラチェーンとパラスレッド:Moonbeamは、PolkadotとKusamaネットワークのパラチェーンとして機能し、スケーラビリティと相互運用性を提供する。
  • Web3 API対応:Moonbeamは、Web3 APIに対応しており、EthereumのdAppsやツールを簡単に移植できる。
  • DeFiとNFT:Moonbeamは、分散型金融(DeFi)非代替性トークン(NFT)プロジェクトをサポートしている。
  • USDTサポート:Moonbeamは、Tether(USDT)のサポートを追加し、DeFiアプリケーションの利便性を向上させている。
  • ガバナンスとトークン:Moonbeamは、独自のネイティブトークン(GLMR)を持ち、ユーザーがネットワークのガバナンスに参加できるようになっている。
  • ステーキングとバリデータ:Moonbeamは、Proof of Stake(PoS)コンセンサスアルゴリズムを採用し、トークン保有者がステーキングやバリデータの選択に参加できる。
  • ステーキング報酬の自動複利化:Moonbeamは、ステーキング報酬の自動複利化機能を導入し、トークン保有者により効率的な利益を提供している。
  • Moonbeam Accelerator:Moonbeam Acceleratorは、Moonbeamエコシステムを成長させるためのプログラムで、新しいプロジェクトやチームに資金やリソースを提供する。
  • ダイナミック手数料メカニズム:Moonbeamは、ネットワークの利用状況に応じてネットワーク手数料を動的に調整する機能を提供している。
  • XCM統合:Moonbeamは、PolkadotのCross-Chain Message Passing(XCM)プロトコルをサポートしており、他のPolkadotチェーンとの相互運用性が向上している。
  • Bifrost統合:BifrostとのXCM統合により、Moonbeam上でBifrostトークンを利用できるようになった。
  • Astar Network統合:Astar NetworkとのXCM統合により、MoonbeamとAstar Network間で資産と情報のやり取りが容易になった。
  • Robonomics XCM統合:Moonbeamは、RobonomicsプロジェクトとのXCM統合を通じて、IoTデバイスとブロックチェーン間の相互作用をサポートしている。

Moonbeamの基本情報としては以下のようになっている。

項目内容
コイン名称Moonbeam
シンボルGLMR
サイトURLmoonbeam.network
時価総額ランク*148
価格*$0.399
ブロックチェーン
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
Kucoin(クコイン)
Coinbase(コインベース)
最大供給量 *
総合供給量 *1,046,109,654 GLMR
循環供給量 *622,872,367 GLMR
Moonbeam 基本情報

*2023年3月現在時点

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)によると、Moonbeamの2023年4月現在の時価総額は148位となっている。

TradingViewのリアルタイムに更新されるチャートより、Moonbeamの価格は下記の通りである。

Moonbeamの開発

Moonbeamの開発に関わった人物と企業は以下の通りである。

  • Derek Yoo:Moonbeamの共同創設者であり、CEOを務めている。彼は、オープンソースプロトコルの開発とマーケティングにおいて豊富な経験を持ち、多数の企業でエグゼクティブとして活躍してきた。
  • Isaac Councill:Moonbeamの共同創設者であり、CTOを務めている。彼は、分散型技術、ネットワークセキュリティ、およびブロックチェーン技術についての専門知識を持っている。彼はまた、BitGoで暗号資産セキュリティの技術リーダーを務めたこともある。
  • ティファニー・ゴー:Moonbeamのマーケティング担当バイスプレジデントであり、デリバティブトークン市場の専門家である。彼女は、数多くのトークン化された資産とハイブリッドブロックチェーンの専門家として知られている。
  • Michael Yuan:Moonbeamのエバンジェリストであり、多くのブロックチェーンプロジェクトに関与してきた。彼は、ブロックチェーン技術、分散型システム、および人工知能の分野で豊富な経験を持っている。
  • PureStake:Moonbeamの主要な開発者であり、ブロックチェーンのエンジニアリングとネットワーク運用を担当している。
  • Parity Technologies:Web3.0エコシステムの開発を専門とする企業であり、Polkadotの開発にも関わっている。MoonbeamはPolkadotとの相互運用性を持つため、Parity Technologiesとのパートナーシップが重要である。
  • エコシステムの開発者:Moonbeamのエコシステムには、ChainlinkUniswapSushiSwapBalancer1inchOcean Protocolなどのプロトコル、デック、データプロバイダー、およびインフラプロバイダーが含まれる。これらの企業は、Moonbeam上でのdAppの開発を促進するために開発を支援している。

Moonbeamのストーリー

  • 2020年:8月:Moonbeamネットワークが開始。Ethereum Virtual Machine(EVM)上に構築され、Ethereumと互換性があるブロックチェーンプラットフォーム
  • 2020年11月:インフラストラクチャ企業PureStakeがMoonbeamの開発を支援することを発表。
  • 2020年12月:Moonbeamが初めてのパートナーシップであるオンチェーンアナリティクス企業Nodleを発表。
  • 2021年1月:Moonbeamの公式ブログがリリースされ、コミュニティがブログの執筆に参加するようになった。
  • 2021年3月:MoonbeamがPolkadotに参加し、MoonbeamのチームはPolkadotの開発者と協力していくつかの改善を行いた。
  • 2021年4月:Moonbeamのテストネットが公開され、コミュニティがテストを行い、フィードバックを提供することができました。
  • 2021年6月:MoonbeamがSubstrate 3.0に移行し、より効率的で柔軟なブロックチェーンプラットフォームになった。
  • 2021年8月:Moonbeamのオープンベータが開始され、すべての開発者がMoonbeamでのDAppの構築を始めることができました。
  • 2021年10月:Moonriverがローンチされ、Kusamaのエコシステムの一部となった。Moonriverは、Kusamaでの動作を想定したMoonbeamの姉妹ネットワークである。
  • 2022年3月:Moonbeamのネットワークパラメータに関するコミュニティ投票が実施され、コミュニティメンバーは最小委任量やスラッシングペナルティ、Collatorのインセンティブなどについて投票した。
  • 2022年4月:MoonbeamとChainlinkが提携し、Moonbeam上でChainlinkのオラクルサービスを提供することを発表した。これにより、Moonbeam上の開発者は、Chainlinkのデータを利用して、様々なdAppやスマートコントラクトを構築できる。
  • 2022年5月に:MoonbeamがKilt Protocolと提携し、Kilt上のIDソリューションをMoonbeam上で使用できるようになることを発表した。これにより、Moonbeam上のアプリケーションは、Kiltの分散型IDを使用して、よりセキュアな認証システムを構築できる。
  • 2022年7月に:MoonbeamがPolkadotのフレームワークであるSubstrate 3.0にアップグレードされ、Polkadotの新しいアップグレードであるParachainスロットオークションに参加できるようになった。これにより、MoonbeamはPolkadotエコシステムでより活発な役割を果たすことができる。
  • 2022年8月に:MoonbeamがAstar Networkと提携し、Moonbeam上でAstarのネイティブトークンであるASTをサポートすることを発表した。これにより、Moonbeam上の開発者は、Astarネットワークのブリッジを通じて他のPolkadotエコシステムと相互運用できる。

Moonbeamの5つの特徴

Moonbeamは、Polkadotエコシステム上で構築されたEthereum互換のスマートコントラクトプラットフォームであり、以下のような技術的特徴がある:

  • Ethereum互換性:Moonbeamは、既存のEthereumツールやDAppの移植が容易であり、Ethereum開発者が直感的に使用できるように設計されている。
  • セキュリティ:Moonbeamは、仕様やコードを検証し、テストするために、フォーマル検証という手法を使用している。また、スマートコントラクトが脆弱性に対して保護されていることを保証するために、Formal Verificationツールを利用している。
  • 拡張性:Moonbeamは、Polkadotのアーキテクチャを活用して、柔軟かつ拡張性の高いネットワークを提供する。これにより、様々なブロックチェーンプロトコルとの相互運用性を実現し、開発者がより柔軟にアプリケーションを構築できる。
  • 高速かつ安価なトランザクション:Moonbeamは、高速かつ低コストでトランザクションを処理するために、Substrateフレームワークを採用している。このため、ユーザーはよりスムーズなトランザクション体験を得ることができる。
  • DeFiおよびNFTのサポート:Moonbeamは、DeFiおよびNFTアプリケーションの構築をサポートする。また、多くのDeFiプロトコルとの相互運用性を提供し、開発者が様々なDeFiアプリケーションを構築できるようにしている。

Moonbeamの今後の将来性

Moonbeamは、Polkadotのエコシステムで、Ethereumのスマートコントラクトを実行できるパラチェーンである。以下は、Moonbeamの将来性についての4つの特徴である。

  • 多様なアプリケーションの構築:Moonbeamは、DeFi、NFT、ゲーム、DAOなど、さまざまなアプリケーションを構築するための堅牢な基盤を提供する。Moonbeamは、Polkadotのエコシステム内で相互運用可能なアプリケーションを構築することができるため、他のパラチェーンとの相互運用性が高まる。
  • エコシステムの成長:Moonbeamのエコシステムは、プロジェクトを開発し、展開するためのコミュニティや開発者によって支えられている。これにより、Moonbeamのユースケースが拡大し、さらに多くの開発者が参加することが期待される。
  • 拡張性の向上:Moonbeamは、Polkadotのエコシステムに参加する他のパラチェーンとの相互運用性を高めることができる。これにより、Moonbeamのエコシステムは、他のパラチェーンからの情報やデータを容易に取り込むことができる。
  • トークンエコノミーの発展:Moonbeamは、MOONというトークンを発行しており、これを用いて、ユーザーはプラットフォーム上で様々なアクションを実行できる。MOONは、ユーザーがネットワークに参加することで報酬を受け取ることができるため、トークンエコノミーの発展につながると考えられる。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次