MENU

Gala Games(ガラ・ゲームズ)とは?将来性と投資方法を解説

Gala-Gamesのアイキャッチ画像

Gala Games(ガラゲームズ)はブロックチェーンゲームを現在すでに公開している暗号資産プロジェクトである。さらにはゲーム関連の暗号資産ではThe Sandbox(ザ・サンドボックス)Decentraland(ディセントラランド)Enjin Coin(エンジンコイン)に続いて人気の銘柄である。

今回の記事ではGala Games(ガラ・ゲームズ)に関して詳しく解説する。

この記事の要点
  • Gala Gamesはゲームの開発プラットフォームを提供している。
  • Gala Gamesは3つのゲームが公開されており、12のゲームが開発が進められている。
  • 開発中のゲームに人気ドラマ「Walking Dead」もあり、今後の公開に期待。
  • Gala Games関連のNFTアイテムは現在購入して投資することが可能。
  • 現在ノードに参加するには1,200万円相当のGALAが必要であり、参加は難しい。
目次

Gala Gamesとは?

Gala Games(ガラ・ゲームズ)はゲームプラットフォームの開発を進めており、以下の特徴があるプロジェクトである。

特に他の暗号資産プロジェクトと異なる点というのは分散型のノード運営によりユーザーが管理している点である。

Gala Gamesの特徴
  • Gala Gamesの4つの理念
  • Gala Gamesノードエコシステム
  • 他企業と提携しゲームを開発

Gala Gamesの4つの理念

まずはGala Gamesは「プレイしたくなるブロックチェーンゲーム」をコンセプトとしている。それを実現するのに4つの理念がある。

Gala Gamesの4つの理念
  • 楽しさ優先
  • プレイヤーの所有権
  • コミュニティのルール
  • プレイヤーの力

「楽しさ優先」とはプレイヤーにとってはブロックチェーンゲームであるかどうかは重要ではなく楽しむことが重要としている。ブロックチェーンは複雑で高度の知識が必要なものであり、そういった知識を必要とせずにただ単純にゲームをプレイして楽しむ事が重要だという考えだ。

「プレイヤーの所有権」とはゲーム内で獲得したアイテムを資産として所有することを意味しており、ゲーム内のアイテムをNFTとすることでブロックチェーン上にアイテムの所有権が記録され、証明することが可能となっている。

「コミュニティのルール」とはゲームの開発段階からコミュニティの意見を聞き、一緒になって作り上げている事を意味している。ゲーム開発のテスト段階においてDiscordで公開しコミュニティの声を聞き共に面白いゲームを作り上げるという考えだ。

「プレイヤーの力」とはGala Gamesのすべてのネットワークがノードエコシステムによって支えられて成り立っている事を意味している。つまり一人一人のユーザーによってGala Gamesは存在するという考え方である。

以上の4つがGala Gamesの理念となっている。

Gala Games ノードエコシステム

Gala Games(ガラゲームズ)のノードエコシステムはノードネットワークを中心として成立する仕組みとなっている。

簡単に説明すると、Gala gamesプラットフォームで制作されたゲームは「Random Distribution Algorithm」へと連結し、自動でNode Network(ノードネットワーク)参加者へとNFTの報酬を与える仕組みとなっている。

参照 https://app.gala.games/nodes/ecosystem
Gala Node Networkの主な構成要素
  • Gala Games(ガラ・ゲームズ)
  • The Game Development (ゲーム開発)
  • Random Distribution Algo(ランダムな分配アルゴリズム)
  • Public Databas(パブリックデータベース)

ガラゲームズは分散型ネットワークのキュレーション、およびそれらの管理をする役割を担っている。全体の統括する役目といった所だ。

Gala Gamesの役割
  • ゲーム制作会社に対して開発の支援
  • ノードネットワークのソフトウェアの管理
  • マーケティング活動
  • コミュニティの成長を支援

次にゲーム制作会社はガラゲームズが提供するプロトコルとツールキットを用いて開発を進め、以下の様な役割を持っている。

ゲーム開発の役割
  • Gala Gamesプラットフォームでゲームを制作し公開

分散型アルゴリズムはNFTにおける報酬をノードに分配する役割がある重要な部分である。現在コミュニティの意見を参考にしながら開発を進めている。

分散型アルゴリズムの役割
  • NFT報酬をノードネットワークに分配する
  • ノード参加者は報酬としてNFTを入手できる。

Gala Gamesとは独立して存在する開発者コミュニティの為に、パブリックデータベースが用意されている。

パブリックデータベースの役割
  • Gala gamesのエコシステムに貢献したい開発者コミュニティ向け
  • アクセス可能なパブリックデータベースから情報を入手可

他企業と提携しゲームを公開

Gala Gamesのプラットフォームを用いて開発されているゲームが以下の15種類がある。その中で公開されているゲームは「スパイダータンク」「タウンスター」「スーペリア」の3つとなっている。

ゲーム名称ジャンル開発者開発状況
スパイダータンクPvP BrawlerGAMEDIA公開
タウンスターSimulationGala Gamesベータ版
スーペリアRoguelite, Third-Person ShooterDrifterアーリーアクセス版
ミランダスFantasy RPGGala Games開発中
レガシーBusiness Sim22cans開発中
エコーズ・オブ・エンパイアStrategy, 4XIon Games開発中
レジェンド・リボーンCard, StrategyKung Fu Factory開発中
チャンピオンズ・エリアTurn-Based RPGOneUniverse / Uniflow開発中
グリットBattle RoyaleTeam GRIT開発中
フォーティチュードTower DefenseROUND2開発中
バトルスター・ギャラクティカ戦略、4X MMORevolving Games開発中
ウォーキング・デッド: エンパイアSurvival MMORPGEmber Entertainment開発中
エターナル・パラドックス4x, Turn-Based RPGNdream開発中
タウンクラッシュMatch-ThreeGala Gamesテスト
ラスト・エクスペディションSurvival FPSGala Games開発中
参照 https://app.gala.games/games

なおこの中で私が注目しているのは「ウォーキングデッド エンパイア」だ。ウォーキングデッドというのはアメリカの大ヒットドラマであり、現在シーズン11まで続いている人気ぶりだ。あのウォーキングデッドの世界観を再現したサバイバルMassively Multiplayer Online Role-Playing Game(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロールプレイングゲーム)となっている。

これらのゲームの特徴とも言えるのが「Play-To-Earn(P2E)」である。P2Eとは「プレイしながら稼ぐ」というブロックチェーンゲームの特徴だ。それを可能にするのがNFTの存在である。

P2Eは多岐にわたるが、主に稼ぐ手段としてはゲームをプレイ中に集めたアイテムやグッズを販売するという手段である。これらはNFTとなっており、ブロックチェーン上にその所有権を示されていることにより資産としての価値が成り立つ。

イーサリアムブロックチェーンの暗号資産

Gala Games(GALA)だが、現在日本の取引所では購入することができず、海外の暗号資産取引所にて購入することができる。

項目内容
暗号資産の名前(英語)Gala Games
暗号資産の名前(日本語)ガラ・ゲームズ
シンボル名称GALA
ブロックチェーンの種類イーサリアム
バイナンス・スマート・チェーン
コントラクトアドレス0x15D4c048F83bd7e37d49eA4C83a07267Ec4203dA
サイトURLhttps://games.gala.com/
取引可能な国内取引所
取引可能な海外取引所Binance
Coinbase
Bithumb
Kraken
ジャンルNFT
ブロックチェーンゲーム
メタバース

時価総額の順位としては以下の様になっている。

現在の日足のチャートは以下の通りである。

Gala Gamesにて利益を得る方法

Gala gamesにて利益を得る手段としては下記の様にいくつかあり、それらについて紹介する。

Gala Gamesへの投資
  • Nodeに参加する
  • 暗号資産Galaに投資
  • その他暗号資産に投資
  • NFTに投資

Nodeに参加する

Gala gamesのノードに参加することでGalaエコシステムネットーワークへ貢献することができる、その見返りとしてGALAを獲得したり、NFTを報酬として得ることができる。

Nodeに参加する条件
  • Gala Node Licenceを購入
  • パソコンを接続してネットワークへ参加

Nodeに参加するには、Gala Node Licenceを購入する必要があり、この敷居が非常に高い。2023年1月時点で1GALA=5.2円のところで244万GALAが必要、つまり1,268万円相当となる。

暗号資産Galaに投資

暗号資産GALAは日本国内の暗号資産取引所では取り扱いがなく、海外の取引所にてトレードして購入する必要がある。

日本国内の取引所ではbitFlyerかCoincheckが最も良く、そこからBinanceやBithumbでトレードを行うことを推奨する。

暗号資産GALAの購入方法
  • bitFlyerでビットコインを購入
  • 海外の取引所にビットコインを送金
  • 海外の取引所にてビットコインからGALAを購入

その他暗号資産に投資

Gala Gamesのゲームに関連する暗号資産として以下のものがある。これらはGala Gamesエコシステムにあるゲームであり、ゲーム内で稼ぐか、UniswapなどのDeFiでトレードするなどして入手することが可能となっている。

Gala Gamesエコシステムの暗号資産

NFTに投資

Gala GamesのマーケットではNFTを購入することが可能だ。購入できるNFTとしては既に公開中のゲームから今後公開する予定のゲームまでもが含まれる。

参照 https://app.gala.games/store

今現在開発中のゲームのNFTは今の所、使用用途としては無いが今後ゲームが公開された後には価値が上昇する可能性がある。なお現在いくつかの暗号資産などが対応しており、これらを利用して購入することが可能だ。

NFT購入で使える暗号資産
  • ETH
  • GALA
  • SILK
  • BAT
  • TOWN
  • MTRM

Gala Gamesのゲーム

Gala Gamesの中で現在プレイできる、または暗号資産として開発が進められ以下のゲームについて解説する。

NFT購入で使える暗号資産
  • スパイダータンク
  • タウンスター
  • スーペリア
  • ミランダス

Spider Tanks(スパイダー・タンク)

Spider Tanks(スパイダー・タンク)はオランダにあるゲーム制作会社であるGAMEDIAにより開発されたプレイヤー対プレイヤーの対戦型ゲームである。プレイヤーはタンクのボディとアイテムを選択し、他のプレイヤーと戦う仕組みとなっている。

プレイは無料で始める事ができ、ゲーム中で入手した武器などのアイテムはNFTとしてマーケットプレイスにて売却したりすることが可能だ。

項目内容
ゲーム名称スパイダータンク
ジャンルPvP Brawler
開発者GAMEDIA
開発状況公開
公式サイトhttps://www.spidertanks.game/
初期費用無料プレイ可

Townstar(タウンスター)

Townstar(タウンスター)は町づくりゲームである。町、工場や農場を作っていきユーザー自身で街を作り上げていくブロックチェーンゲームである。

毎日行う事ができるタスクとしてデイリーミッションがあり、こまめに稼ぐ事が可能だ。

項目内容
ゲーム名称タウンスター
ジャンルSimulation
開発者Gala Games
開発状況ベータ版
暗号資産TOWN
公式サイトhttps://townstar.com/
初期費用無料プレイ可
言語日本語対応

Superior(スーペリア)

Superior(スーペリア)のアーリーアクセス版をSteam上で公開している。悪に染まったスーパーヒーローを倒し世界を救うゲームだ。他のユーザーと協力するシューティングゲームなのが特徴だ。

現在はアーローアクセスとしてSteamより公開されている状態だ。

項目内容
ゲーム名称スーペリア
ジャンルRoguelite, Third-Person Shooter
開発者Drifter
開発状況アーリーアクセス版
暗号資産SILK
公式サイトhttps://superior.game/

Mirandus(ミランダス)

Mirandus(ミランダス)のジャンルは支配される巨大な世界が舞台となっているファンタジーRPGである。

項目内容
ゲーム名称ミランダス
ジャンルFantasy RPG
開発者Gala Games
開発状況開発中
暗号資産MTRM
公式サイトhttps://mirandus.game/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次