MENU

FTXでレバレッジ取引とは?先物取引とパーペチュアル取引を解説

レバレッジ取引

CryptoCurrency.newsです。FTX JPには現物取引だけでなく、レバレッジ取引があるのをご存知でしょうか?

今回はFTX Japanが提供する暗号資産の売買の中でもレバレッジ取引について初心者でもわかるように詳しく解説します。

なおレバレッジ取引には先物取引とパーペチュアル取引の2種類があります。

目次

FTX JPの3種類のトレード

FTX JPでトレードできる種類は3タイプで「現物取引」「レバレッジ取引」「法定通貨」があり、それぞれ取引としての特徴があります。

FTX JPのマーケットの画面

現物取引

現物取引ですが、暗号資産を交換する取引であり、昔からある取引の種類です。

FTX JPの場合には、現在14種類の暗号資産の取り扱いをしており、それぞれ法定通貨のUSDやJPYと交換する事ができます。

暗号資産と暗号資産の通貨ペアはありませんので、ビットコイン(BTC)を入金してイーサリアムを買いたい場合には、一旦ビットコインを日本円に換金して、その日本円を使ってイーサリアム(ETH)を購入することになります。

あわせて読みたい
FTX Japanの現物取引とは?上場した暗号資産と手数料を解説 FTX Japanが2022年9月にオープンしました。みなさん日本の取引所を使っていてどうですか?サービスが海外に比べて、充実していないと思いませんか?一方で海外の取引所...

法定通貨の取引

FTX JPでは法定通貨としてUSD(米ドル)とJPY(日本円)の2種類があります。よって取引できる通貨ペアとしてはUSD/JPYの1種類となります。

USDをJPYに交換、あるいはJPYをUSDに交換する事ができます。

レバレッジ取引

レバレッジ取引はFXや株式の投資を今までやられた事がある方はご存じかと思いますが、資金の何倍も持っているかの様なトレードができる投資の業界では一般的な取引の種類です。今回ではこのレバレッジ取引に関して下記にて詳しく説明します。

トレードの前に行うべき事

トレード前に行うべき事としてはFTX JPに登録が完了し本人確認として身分証明を提示しないといけません。さらに取引の前には安全に利用するためにも二段階認証を完了させて、銀行振込か暗号資産の送金により入金をして資金を準備する必要があります。

FTX JPに登録し本人確認が完了

FTX JPを利用するにあたりまず登録し口座開設をしないと利用する事ができません。口座開設自体は無料で行う事ができます。

口座開設時の本人確認が完了してから、本格的にFTX Japanのサービスを利用する事ができます。

あわせて読みたい
FTXで口座開設と本人確認の方法(運転免許証)をわかりやすく解説 FTX JPを利用するには、まず最初に登録し口座開設を行い、その後に本人確認を完了しないといけません。 こちらの記事ではFTXで口座開設を行う方法と本人確認を行う手順...

二段階認証を設定

トレードや資産を入金する前に、資産を守るためにも二段階認証を設定しておく事をオススメします。FTXではSMSとGoogle Authenticatorの2種類の2FAが用意されており、どちらかを選択して使用する事ができます。

二段階認証を設定すると、ログインする際にメールアドレスとパスワードを入力した後に、リアルタイムに変化する6桁の数字のコードを入れてログインする事ができます。これにより不正ログインなどの資産流出を未然に防ぐ事ができるのです。

あわせて読みたい
FTXで二段階認証のSMSとGoogle認証システムで設定する方法 FTX JPを利用するにあたり不正ログインを未然に防ぎ、資産を安全に守る手段として二段階認証(二要素認証)を設定する事が非常に大事です。 設定も難しくなく、一度設定...

暗号資産か日本円を入金

トレードを行う前に暗号資産や日本円の資金を入れて準備する必要があります。FTX Japanのウォレットでは暗号資産は14種類を入金する事ができ、日本円としては指定の銀行口座に振り込みをする事で入金ができます。

あわせて読みたい
FTXに暗号資産を入金する方法と日本円を銀行振込する方法を解説 FTXを使うにあたり日本円を入金するか、暗号資産を入金するかのどちらかで資産を入れることではじめてFTX Japanでトレードを行なったり、レンディング、ステーキングに...

レバレッジ取引について

レバレッジ取引とは資産を担保にすることで資産の何倍分のトレードができる取引の形態を言います。

FTX JPでは最大レバレッジ2倍になっており、100万円分の資金があれば2倍の200万円分の資金を持っている様な取引をする事ができます。これにより利益を2倍にすることができますが、損益も2倍になるリスクがあります。

レバレッジとは?

レバレッジは英語だとLeverageと書きますが、意味としては「テコ」です。

テコというのは少ないパワーで大きなパワーを持つかのように利用する原理のことを言います。例えば、50kgの力で支点の位置を中心からずらすことによりまるで100kg分の力とする事ができます。身近なところだとシーソーで端っこ方に行くほど重みが増すのはまさにテコの原理なのです。

レバレッジ2倍のイメージ

投資の世界ではレバレッジはテコの原理と同様に、資産を何倍も多く持っているかの様にして取引する事ができます。

例えば、1BTC分の資金を持っていたとして2倍の2BTCの資金を持っているかのような取引ができます。これをレバレッジ2倍と言います。

これにより得た利益は2倍となるメリットがあります。一方で損が出た場合には2倍の損益となるリスクもあります。

先物とパーペチュアルの違い

レバレッジ取引には先物取引とパーペチュアルがあります。先物取引は期間が決まっているオプションであり、設定された期間を満期として取引が完了する取引の種類を先物と言います。

あわせて読みたい
FTX Japanの先物とは?トレードできる暗号資産の銘柄と仕組み FTX Japanの取引銘柄は豊富にありますが、レバレッジ取引の先物(Futures)が最大レバレッジ2倍であり利益を伸ばすのに活用したいという方も多いかと思います。 先物や...

一方でパーペチュアル取引では満期がなく期間が決まっておらず永遠にポジションを保有する事ができる違いがあります。また日本語ではパーペチュアルのことを無期限先物とも言います。

あわせて読みたい
FTX Japanのパーペチュアル(無期限先物:PERP)とは? FTX Japanでは従来の現物取引だけでなく、レバレッジ取引においてパーペチュアルというオプションをトレードする事ができます。 パーペチュアルって何?先物と何が違う...

取り扱いの暗号資産

取り扱いの暗号資産として下記の20種類が対応しています。ただしFTX Japanの先物取引では10種類、PERP(パーペチュアル取引)が20種類となっております。

あわせて読みたい
FTX Japanの先物とは?トレードできる暗号資産の銘柄と仕組み FTX Japanの取引銘柄は豊富にありますが、レバレッジ取引の先物(Futures)が最大レバレッジ2倍であり利益を伸ばすのに活用したいという方も多いかと思います。 先物や...

レバレッジ取引ができる暗号資産の種類としては現物取引の14種類よりも6種類多くなっております。具体的にはIOST、QTUM、XEM、XLM、XTZが現物取引になくレバレッジ取引(パーペチュアル)で扱われている銘柄となっております。

なおFTX Japanではウォレットに資産を入れておくとステーキングにより利益を得る事ができたりレンディングで利息をもらえる方法がありますが、レバレッジ取引のみでトレードを行える銘柄ではウォレットに対応しておらずステーキングを利用する事が出来ないのでご注意ください。

FTX Japan取り扱いの暗号資産のリスト
FTX Japan取り扱いの暗号資産のリスト

取引の手数料

FTX Japanでの取引の手数料としてはメイカー手数料が0.02%、テイカー手数料が0.07%となっています。

あわせて読みたい
FTX Japanの手数料はいくら?取引手数料と出金手数料の金額 FTX japanを利用する際に、他の取引所と同じ様に手数料が発生します。金額としては大したことありませんが、利益に関わってくることなのでトレードをする前には知ってお...

パーペチュアル取引と現物取引にて、一ヶ月の取引ボリュームが多いほど取引手数料が安くなる仕組みとなっております。

FTX JPの取引手数料と体系

以上レバレッジ取引に関しての説明でした。ぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次