MENU

FTX Japanのステーキングとは?やり方と年間利回りの利率

stakingのアイキャッチ画像

FTX Japanではなんとウォレットに暗号資産を入れておくと自動でステーキングしてくれるEarnというシステムがあります。これにより暗号資産のトレードをしなくても確実に暗号資産を増やす事ができるようになっています。

今回の記事ではFTX Japanのステーキングに関しての説明をします。ステーキングってそもそも何か?を知らない人ややり方を調べたい人は是非参考にしてください。

目次

ステーキングとは?

ステーキングとはPoSのマイニング方式を採用している暗号資産でネットワークに参加して得る報酬のことを言います。

PoWは働いて得る報酬、PoSはステーキング(保有)して得る報酬となっています。

暗号資産のマイニング方式について

ステーキングで報酬を得るには、PoS(プルーフオブステーク:Proof of Stake)というコンセンサスアルゴリズムを採用している必要があります。一方でビットコインなどの古くからある暗号資産ではPoW(プルーフオブワーク)というコンセンサウアルゴリズムが採用されており、大規模なコンピューターや電力を使用し計算を行うことでブロックチェーンネットワークの維持に貢献します。

PoWは大量の電力、それに関わるエネルギーを必要とするために、それらを必要しないPoSが主流となってきております。

簡単に言いますと、PoWは電力を使ってパソコンを動かして報酬を得る仕組み、PoSは保有していて報酬を得る仕組みとなっています。

PoWとPoS

PoSとステーキング報酬

ステーキングとは保有している暗号資産にて、ブロックチェーンのネットワークの継続に貢献することにより、その見返りとして報酬を得る事ができる仕組みの事です。

ステーキングの利益は株式投資の配当金のような仕組みとなっており、保有している暗号資産の量と期間により、報酬額は決定します。

ステーキングと似た様な仕組みとしてレンディングがあります。レンディングは暗号資産を貸し出しすることにより利益を得る仕組みですが、レンディングよりもステーキングの報酬の方が少ないケースがほとんどとなっています。

あわせて読みたい
FTX Japan レンディングとは?やり方と年間利回りの利率 暗号資産で取引以外で暗号資産を増やす手段として、ステーキングやレンディングがあります。高リスクの取引ではなく低リスクの運用で確実に利益を出したいという方もい...

FTX Japanのステーキングについて

FTX japanのステーキングはウォレットに資金を入れておくと自動で行う事ができます。ウォレットに保管できる現物取引に対応している14種類の暗号資産が対応しており、ステーキングにより1時間毎に利益を得る事ができます。

FTX japanのステーキングは自動

FTX Japanのウォレットに対応した暗号資産を入れておき、設定をするだけであとは自動でステーキングを行う事ができます。

普通ならステーキングをする場合には難しい設定などを行わないといけないのですが、FTX Japanがユーザーに代わってステーキングを行いその利益を配分することで自動で行う事ができます。

あわせて読みたい
FTXジャパンのウォレットに保管できる暗号資産の種類は14種類 タイトルの通りでFTX Japanのウォレットで保管できる暗号資産は14種類ありますが、今回の記事ではその件に関して解説します。保管できる暗号資産、入金できる暗号資産を...

FTX Japanでステーキングできる暗号資産

FTX Japanでステーキングできる暗号資産としては現物取引を行う事ができるウォレットに対応している14種類全ての暗号資産でステーキングを行う事ができます。

ステーキングを行うと、1時間毎に発生した利益を獲得できる様になります。

FTX Japan取り扱いの暗号資産のリスト
FTX Japan取り扱いの暗号資産のリスト

なぜマイニング方式がPoWのBTC(ビットコイン)がステーキング出来るかはわかりませんが、FTX Japanのステーキングで利益を得る事ができます。

FTX Japanのステーキングの利益

FTX Japanのステーキングの利益としては最大APRが8%となっております。

APRというのはAnnual percentage rate(年換算利回り)であり、一年間で得る事ができる利益率となります。つまり利回りとか年利と言われているものです。

ただしこの8%というのは必ず発生するものではなく、ネットワークの変化によっては8%未満となることも当然あり得ます。

参考までに、現在のステーキングのAPRとしては以下の様になっております。このAPRはFTX Japanによるステーキングの年利ではなく、自信でステーキングを行った場合の一般的な数値となっておりますのでご了承ください。

ステーキングの報酬
一般的なステーキングの年利の一覧

FTXのステーキングのやり方

FTX Japanでステーキングを行う方法としては、ウォレットに暗号資産を保管して設定するという手順となります。その手順までの間に、FTX Japanに口座開設をして二段階認証の設定をするようにしましょう。

そこからウォレットに資金を入金して、現物取引をしたりしてウォレットにステーキングしたい暗号資産を入れる様にしてください。

最後に設定として、FTX japanのウォレットにアクセスして規約に同意すると自動でステーキングを行い1時間毎に利益を獲得できる様になります。

FTX Japanに口座開設

FTX japanでステーキングを行うにはまずFTX japanに口座開設を行うことから始まります。

この口座開設の際には、紹介コードを使用すると今後トレードを行う際の手数料が5%オフにする事ができます。

あわせて読みたい
FTX 紹介コード「crypto4news」で手数料を減らす方法 FTX Japanではただ紹介コードを設定するだけで取引にかかる手数料を5%オフにする仕組みがあります。デメリットは一切ありませんので、必ず設定しておく事を推奨します。...

FTX Japanを利用するのは本人確認が必要ですので、登録の際に運転免許証またはマイナンバーカードを利用して本人確認の申請を行い、それが完了してからサービスを利用する事ができます。

あわせて読みたい
FTXで口座開設と本人確認の方法(運転免許証)をわかりやすく解説 FTX JPを利用するには、まず最初に登録し口座開設を行い、その後に本人確認を完了しないといけません。 こちらの記事ではFTXで口座開設を行う方法と本人確認を行う手順...

FTX Japanで二段階認証を設定

FTX Japanで登録が完了し、入金する前には二段階認証を設定しておきましょう。二段階認証をする事で第三者が不正ログインする事を防ぐ事ができます。

設定自体は簡単であり、Gooogle認証システムかSMSを使った2FAをFTX Japanでは設定する事ができます。

あわせて読みたい
FTXで二段階認証のSMSとGoogle認証システムで設定する方法 FTX JPを利用するにあたり不正ログインを未然に防ぎ、資産を安全に守る手段として二段階認証(二要素認証)を設定する事が非常に大事です。 設定も難しくなく、一度設定...

FTX Japanで資金を入金

FTX Japanでステーキングを行うには資金を入金する必要があります。資金としては銀行振込を使って日本円を入金する場合には、現物取引を行い暗号資産を購入して準備をする必要があります。

FTX Japanのウォレットへ暗号資産を入金する場合には、入金をするとウォレットに保管されますので現物取引をして準備する必要はなくステーキングを行う事ができます。ただし入金した暗号資産とステーキングした暗号資産が異なるのであれば、現物取引でそれを購入する必要が出てきます。

あわせて読みたい
FTXに暗号資産を入金する方法と日本円を銀行振込する方法を解説 FTXを使うにあたり日本円を入金するか、暗号資産を入金するかのどちらかで資産を入れることではじめてFTX Japanでトレードを行なったり、レンディング、ステーキングに...

FTX japanで暗号資産を購入

資金を入金したら、ステーキングを行いたい暗号資産を購入して準備をしましょう。日本円を入金した場合には、必ず現物取引をしないとステーキングする暗号資産が準備できませんので、FTX Japanの現物取引で購入するようにしましょう。

あわせて読みたい
FTX Japanの現物取引とは?上場した暗号資産と手数料を解説 FTX Japanが2022年9月にオープンしました。みなさん日本の取引所を使っていてどうですか?サービスが海外に比べて、充実していないと思いませんか?一方で海外の取引所...

FTX japanでステーキングを設定

アプリやサイトにログインした状態でウォレットにアクセスしてください。

アプリの場合には、下の画像の矢印の部分のように「暗号資産で最大8%の利息を得よう」というボタンがあります。

規約を確認し、「利益獲得を開始」をクリックすると、「資金を入金すると収入が発生します」。と表示されます。

トレードを取引手数料が発生するのですが、ステーキングの手数料はありません。

以上でFTX Japanでステーキングを行う方法に関しての説明でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次