MENU

FTX Japanの出金手数料のネットワークと金額がいくらかを解説

FTX Japanの出金料金

FTX Japanで入金して、トレードを行なったりステーキングなどで利益を出した際には出金します。出金手数料がいくらくらい掛かるのだろうかと気になる方も多いかと思います。

FTX Japanにおいて、出金の際に発生する手数料はとても良心的であり、通常かかる金額より過剰に多く発生する様なことはありません。

今回の記事ではFTX Japanでの出金手数料に関して説明しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

FTX Japanについて

FTX Japanは日本の金融庁により登録され営業している暗号資産交換業の企業です。FTX Japanのサービスとしては主に取引とレンディング、ステーキングがあります。

これらの取引を行なったり、利益を出金する際には手数料が発生します。

FTX Japanは日本の取引所

FTX Japanは海外の取引所であるFTXによって設立された日本法人の企業です。親会社であるFTXは元々日本国内で運営されていLiquid社(子会社Quoine)という暗号資産交換業の企業の買収に成功し、日本法人を設立しました。

Quoineはもともと金融庁により暗号資産交換業の登録されている企業であり、Quoineを買収することによりFTX Japanは金融庁から認可を受けて営業する事ができているのです。

あわせて読みたい
FTXは金融庁に認可された暗号資産交換業の日本国内の企業を設立 FTX JPは金融庁に認可されている暗号資産交換業の会社です。元々は2019年に海外で設立されたFTXが日本人ユーザー向けのサービスを提供するために設立した暗号資産交換所...

FTX Japanのサービス

FTX Japanにおける暗号資産のサービスとしては、主に3種類かと思います。

一つ目は暗号資産の取引です。FTX Japanでは現物取引レバレッジ取引法定通貨取引の3タイプのオプションのトレードを行う事ができます。それぞれ取り扱っている暗号資産が異なりますが、レバレッジ取引のパーペチュアルでは20種類の暗号資産のトレードを現在行う事ができます。

あわせて読みたい
FTX Japanのトレード3種類「現物・レバレッジ・法定通貨」 FTX Japanのトレードには現物・レバレッジ・法定通貨の3種類のオプションがあります。これらはそれぞれ取り扱っている暗号資産の種類も異なっていたり、特徴が異なりま...

二つ目のサービスとしてはレンディングです。レンディングでは保有している暗号資産を貸付する事で、その利息で稼ぐ事ができる仕組みです。FTX Japanを仲介して、借りたいユーザーに資金を貸付することで最大年利15%を稼ぐ事ができます。

あわせて読みたい
FTX Japan レンディングとは?やり方と年間利回りの利率 暗号資産で取引以外で暗号資産を増やす手段として、ステーキングやレンディングがあります。高リスクの取引ではなく低リスクの運用で確実に利益を出したいという方もい...

三つ目のサービスとしてはステーキング(Earn)です。ウォレットに暗号資産を入金しておくと、自動でステーキングが行われて1時間おきに資産を増やす事ができます。現在のところウォレットに対応している14種類の暗号資産がステーキングすることが出来ます。

FTX Japanトレードできる暗号資産
FTX Japanトレードできる暗号資産

FTX Japanで掛かる手数料

FTX Japanで掛かる手数料としては、主に出金手数料、取引手数料の2つとなっております。

出金手数料というのは出金する際に掛かる手数料であり、取引手数料というのは取引をする際に掛かる手数料のことを言います。取引手数料には2種類あり、メイカー手数料とテイカー手数料です。

それぞれメイカーとテイカーの2種類のトレードの仕方により手数料は異なるのです。

あわせて読みたい
FTX Japanの手数料はいくら?取引手数料と出金手数料の金額 FTX japanを利用する際に、他の取引所と同じ様に手数料が発生します。金額としては大したことありませんが、利益に関わってくることなのでトレードをする前には知ってお...

出金手数料

FTX Japanで掛かる手数料ですが、暗号資産の種類により異なります。

暗号資産の出金手数料とネットワーク
暗号資産のネットワークと出金手数料

出金手数料とは

出金手数料とは、暗号資産や法定通貨(日本円)を出金する際に発生する手数料のことです。

暗号資産の送金に掛かる手数料としてネットワーク手数料が必ずあります。ネットワーク手数料(送金手数料)は暗号資産によっても異なりますし、その時のネットワークの混雑具合によっても異なります。

これは数円のものもあれば、数百円掛かるものもあります。さらにFTX Japan側の手続きに掛かるコストもあるかと思います。

なお日本円の出金手数料は無料となっております。銀行振込の振り込む手数料が本来であれば発生しますが、それをFTX Japan側で負担頂いているのかと思います。

ネットワーク

出金する際の手数料で関わる重要な概念としてネットワークがあります。

例えば、ビットコインでもネットワークが2種類あり、BTC(omni)、SOLがあり、それぞれブロックチェーンの仕組みが異なっております。

これらは送金に掛かる手数料が異なっており、FTX Japanの出金手数料も違います。

またもし間違ったネットワークで送金をしてしまえば、送金した暗号資産を失う可能性がありますので、注意が必要です。

出金手数料はいくら?

出金手数料としては多くの暗号資産で無料で出金ができます。暗号資産によってはネットワークが複数ありますので、おなじ暗号資産でも手数料が掛かる場合、掛からない場合があります。

例えば、BTCの場合には、ネットワークがBTCとSOLがあります。BTCの場合には送金が0.01BTC以上の場合には無料、0.01未満の場合には有料となります。

今現在、イーサリアム、ERC-20トークンの暗号資産はガス代が高騰しておりますので、出金手数料が掛かります。

あわせて読みたい
FTX Japan イーサリアム規格「ERC-20」暗号資産はどれ? FTX Japanで取り扱っている暗号資産のうち、イーサリアムとERC-20規格の暗号資産では出金手数料がかかってきます。人によってはこの出金手数料を高く感じる人もいるので...

ただしその他の暗号資産では送金手数料の金額が非常に少ないため、無料となっております。

暗号資産の出金手数料とネットワーク
暗号資産のネットワークと出金手数料

今後出金手数料の価格が変化する可能性がありますが、ぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次