Fetch.ai/$FETとは?5つの特徴の今後の将来性をわかりやすく解説

仮想通貨FETCH.AIとは

Fetch.aiは、分散型AI(人工知能)と機械学習のブロックチェーンネットワークの構築に特化した企業である。Fetch.aiは、AIエージェントを使用して、様々なアプリケーションを開発することができる。Fetch.aiのテクノロジーは、スマートコントラクトプラットフォームであるEthereumと連携している。

Fetch.aiのプロジェクトには、自律的なエージェントを活用してブロックチェーンネットワークのトラフィックルーティングを行うAgent World Mapや、個人データを共有することによってデータエコノミーを創出するFetch.ai Data Exchangeが含まれる。

Fetch.aiは、DeFiとモノのインターネットの世界でのAIの利用を推進しており、Boschと提携し、産業アプリケーションの普及を促進するためのファウンデーションを設立した。

仮想通貨Fetch.aiの要点についてのマインドマップ
Fetch.aiの要点についてのマインドマップ
目次

Fetch.aiとは?

仮想通貨Fetch.ai 公式サイト
Fetch.ai 公式サイト

Fetch.aiの基本情報としては以下のようになっている。

項目内容
コイン名称Fetch.ai
シンボルFET
サイトURLfetch.ai
時価総額ランク*126
価格*$0.33
ブロックチェーンイーサリアム
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
Kucoin(クコイン)
Coinbase(コインベース)
最大供給量 *
総合供給量 *1,152,997,575 FET
循環供給量 *818,912,300 FET
Fetch.ai 基本情報

*2023年3月現在時点

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)によると、Fetch.aiの2023年3月現在の時価総額は126位となっている。

TradingViewのリアルタイムに更新されるチャートより、Fetch.aiの価格は下記の通りである。

Fetch.aiの開発

fetch.aiの開発に関わった人物や企業について以下のような項目がある。

  • Humayun Sheikh:fetch.aiの創設者の1人であり、CEOを務めている。彼は、金融サービスやAIの開発に取り組んできた経験がある。彼はAIの将来についての情熱を持っており、ブロックチェーン技術を活用した次世代のAIエージェントの開発に取り組んでいる。
  • Toby Simpson:fetch.aiの創設者の1人であり、CTOを務めている。彼は、広範なエンジニアリングとビジネスの経験を持ち、以前はCognitive Logicというスタートアップ企業を設立していた。彼は、fetch.aiの開発を監督し、ブロックチェーンとAI技術の統合に焦点を当てている。
  • Maria Minaricova:fetch.aiの技術開発者であり、AIの分散型エージェントの開発に専念している。彼女は、AIやブロックチェーンの両方の領域に長年にわたって取り組んできました。また、彼女はfetch.aiのエージェントを使用するアプリケーションを開発するためのフレームワークの設計にも携わっている。
  • Jonathan Ward:fetch.aiのコミュニティマネージャーであり、開発者コミュニティを管理している。彼は、分散型のオンラインマーケットプレイスの開発に取り組んでいた経験を持ち、ブロックチェーンとAIの融合に興味を持っている。彼は、fetch.aiのコミュニティに参加している開発者たちに技術サポートを提供している。
  • Fetch.ai:AIとブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトであり、複数の企業が参加している。
  • Bosch:パートナーシップにより、自動車産業やモビリティにおけるFetch.aiの活用が進められている。
  • Rocket X:Fetch.aiの技術を活用して、分散型の人工知能を実現することを目指している。
  • DWF Labs:Fetch.aiのデータ市場を活用して、IoTセンサーデータを分析することで、ビジネス価値を高めることを目指している。

Fetch.aiのストーリー

以下に、Fetch.aiのストーリーについて解説する。

2016年:

  • Fetch.aiの創設者であるToby SimpsonとHumayun Sheikhが初めてAIとブロックチェーンの融合について話し始める
  • ブロックチェーン技術を用いた次世代の経済モデルを構築するための新しいスタートアップの立ち上げが計画される

2017年:

  • Fetch.aiの公式サイトが公開される
  • 創設者のToby SimpsonはプレスリリースでFetch.AIの目標をAIを利用して、信頼できる相互運用性のあるエージェントによる経済を作り出すことと説明する

2018年:

  • Fetch.AIのICOが開始され、2,500万ドルを調達する
  • Fetch.AIの技術の概要として、Multi-Agent Systemsと組み合わせた、AIとブロックチェーンの相互運用性のあるプラットフォームが公開される
  • Fetch.AIは、AI、ブロックチェーン、IoTなどの分野で、世界中のさまざまな企業と提携する

2019年:

  • Fetch.AIのテストネットが公開され、開発者がアプリケーションを構築、テストすることが可能になる
  • Fetch.AIは、Boschと協力し、ブロックチェーン技術を使用した自律型車両の実証実験を実施することを発表する

2020年:

  • Fetch.AIの主要ネットワークが立ち上げられ、ユーザーはFetch.AIトークンを使用して、サービスを購入、提供することができる
  • Fetch.AIは、ブロックチェーン技術を使用して、COVID-19パンデミックの影響を軽減するために、検疫措置を実施するためのシステムを提供する

2021年:

  • 新しいAgent Frameworkをリリースし、開発者がAIエージェントを簡単に構築、テスト、デプロイできるようにした。
  • Rocket Xと協力して、AIを利用した不正行為検出ソリューションの開発を発表する
  • DWF Labsからシードファンディングを受け、さらなる成長を目指すことを発表する

2022年:

  • Alibaba Cloudと提携して、ブロックチェーンを利用したクラウドネイティブAIソリューションを展開する計画を発表した。
  • トークンのロックアップ期間を1年間延長すると発表した。
  • ブロックチェーンと人工知能を統合するための新しい開発者プログラムを発表した。

2023年:

  • AI技術を活用した新しいプラットフォームを発表する計画がある。既存のプロトコルに基づくDeFiプラットフォームの構築を進めている。
  • Fetch.aiは大手自動車メーカーと協力して、次世代の自動車ネットワークに取り組んでいる。
  • NFT市場において、新しい取引プラットフォームを開発する計画がある。

Fetch.aiの5つの特徴

Fetch.aiは、AI(人工知能)とブロックチェーン技術を組み合わせた分散型ネットワークの構築を目指している。その技術の特徴は以下のようにまとめられる。

  1. Autonomous Economic Agents(AEA)フレームワーク:Fetch.aiは、人工知能を実行するAutonomous Economic Agents(AEA)フレームワークを提供している。これにより、経済的な意思決定を自動化し、相互に協力することができる。
  2. エージェントバース(Agentverse):Fetch.aiは、エージェントが相互作用することでデータを共有する、分散型AIエコシステムであるエージェントバース(Agentverse)を提供している。これにより、データの共有と交換がより簡単になり、より多くのユースケースが生まれる。
  3. セキュアなマルチパーティ計算(Secure Multi-Party Computation、SMPC):Fetch.aiは、SMPCを使用して、機密データを安全に共有することができる。SMPCは、分散型AIをより安全にするために重要な技術である。
  4. ブロックチェーン技術:Fetch.aiは、EthereumとBinance Smart Chainの両方で動作するERC-20トークンのFetch(FET)を使用している。このトークンは、ネットワーク内での決済や、エージェントのマネジメントなど、様々な用途に使用される。
  5. バリデーター:Fetch.aiは、分散型ネットワークのセキュリティと安定性を維持するために、バリデーターを採用している。バリデーターは、トランザクションを検証することで、ネットワークの安全性を確保する。

Fetch.aiの今後の将来性

以下に、Fetch.aiの将来性について、説明する。

  • Fetch.aiはAIとブロックチェーンを組み合わせた革新的なプロジェクトであり、将来的にはスマートシティ、IoT、データ共有、マルチエージェントシステムなどの領域において、大きな成果をあげることが期待される。
  • Fetch.aiは現在、様々な業界とのパートナーシップを締結し、製品の開発やプラットフォームの実用化に向けた研究開発を進めている。特に、自動車メーカーのBoschとの提携により、Mobility Open Blockchain Initiative (MOBI) のメンバーに加わり、ブロックチェーン技術を活用したモビリティサービスの実現に向けた取り組みが注目されている。
  • Fetch.aiは、分散型AIエージェントの創造を支援するフレームワークやツールを提供しており、エージェントが取り扱うデータのセキュリティやプライバシーにも注力している。今後、この技術が多くの業界で活用され、AIによる自己学習や分散型決定システムがより一般的になることが期待される。
  • Fetch.aiは、2022年には自己学習型エージェントの開発を進める予定であり、2023年にはグローバルなAIエージェント市場を目指して、クロスチェーン通貨交換やエージェントの分散型取引を実現することが計画されている。また、プラットフォームの成長を加速するため、Fetch.aiファンドも設立され、AIエージェント開発者の支援を行っている。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次