MENU

M2EのCrypto FightOutが270万ドルを資金調達に成功

Fightoutのプレセールのアイキャッチ画像

2022年はNFTが著しい発展を見せ、それと共に「Play-To-Earn」などといった「遊びながら稼ぐ」というスタイルが流行しつつある。翌年2023年にはNFT、さらにはそれに関連する「XX-To-Earn」、メタバースがさらに暗号資産の業界の話題の中心になってくるのは間違いない。

そんな中で最近話題のMove-to-Earn(M2E)を手掛ける”Crypto FightOut”が270万ドルを資金調達に成功した。今回の記事ではFightOutのプロジェクトの内容、Move-To-Earnについて、現在開催中のプレセールとGiveawayに関してを解説する。

この記事でわかること
  1. FightOutはどんなプロジェクトか?
  2. Move-To-Earnの市場について
  3. プレセールへの参加方法、Giveawayへの参加方法
目次

FishtOutについて

FightOutについて
  1. FightOutは成長が見込まれるMove-To-Earnのプロジェクト。
  2. 270万ドルの資金調達に成功。投資家からの期待が大きい。
  3. プロボクサー、MMAファイターがプロジェクトに参加。

成長が見込まれるMove to Earn市場

2022年はFTXの破綻を含め、暗号資産のプロジェクト全体でさまざまな問題が起こり、市場規模は2021年末の史上最高値から大幅に下落している。

それにもかかわらず、暗号資産の特定の分野においては価格が上昇している、特に「XX-To-Earn」といったジャンルは人気が爆発的に高まっている。2020年頃にDeFiが流行ったが、同じ様に2024年あたりには「XX-To-Earn」が市場を牽引する形となると思われる。

FightOutは成長が見込まれるMove-To-Earnのプロジェクトであり、270万ドルの多額の資金調達に成功している事からも投資家からの期待が大きいのが分かる。

Move-To-Earnのイメージ

AIとブロックチェーンのブレークスルーが結びついたことで、フィットネスの分野に大きな成長の余地が生まれ、より健康的な生活を送る人々に報いる可能性がこれまで以上に明確となってきている。ブロックチェーン技術の活用により、あらゆる種類のインセンティブの機会が提供されるようになってきている。

FightOut のチームは、過去数か月にわたってプロジェクトに取り組んできました。プロジェクトをより広める為にFightOutのプロジェクトチームはすでに主要なブランドアンバサダーの協力を得る体制が整いつつある。

プロボクサーのミドル級世界チャンピオンのサバンナ・マーシャルやMMAファイターのアマンダ・ヒバスは、FightOutのプロジェクトに参加しており、FightOutブランドを前進させることになるはずだ。

FishtOutとは?

FightOutは名前の通り、Fight(格闘)のMove-To-Earnのプロジェクトである。ジムトレーナーたちは格闘技選手の試合前には選手のトレーニングの最終結果を見ている。

格闘技選手が優れた能力を発揮するためには、高いレベルの有酸素運動、筋力、筋持久力、さらには健康状態を一定以上の水準を達成なければならない。

FightOut はプラットフォームのユーザーに報酬を与える「Move to Earn」の分野で Stepn などと競合するプロジェクトとなる。FightOut プラットフォームは、パーソナルトレーナーとほぼ同じように動作し、FGHTトークンを使用してエクササイズに費やした時間に対して積極的に報酬が与えられる仕組みとなっている。

FightOutのアプリ画面

FightOut ではフィットネスアプリとハイエンドのジムが繋がり構築されている。 FightOutではMove-to-Earn プラットフォームであり、ジムだろうが自宅のリビング ルームだろうが、どこでもワークアウトを完了したユーザーは報酬を得ることが可能だ。

すべてのエクササイズはプラットフォーム上に記録され、自分のメタバースのアバターの統計を改善するために使用できる。ユーザーのワークアウトは目標と能力に合わせてパーソナライズされており、進行状況と成果は分析され、メタバースのアバターの属性に直接反映されるのである。

FGHT トークンを獲得できるということは、ブロックチェーンのインセンティブを利用しながら、人々が健康を維持し、フィットネスに集中するための特別なインセンティブを持つことを意味するのである。

Move to Earnのコンセプトとしてはより健康的な生活を送り、報酬を獲得し、メタバースで競い合うことである。 FightOut においては実際のワークアウトをトレースし、フィットネスの進捗に応じてアバターの統計にも影響を与えるのである。

つまり実際にフィットネスを行うことで、それがアバターにも反映されるのが特徴だ。さらにFightOutではフィットネスへの全体的なワークアウトに対して FightOutのコミュニティに報酬を与える仕組みとなっている。

プレセールに参加する方法

現在、FightOutではプレセールを実施している。$FGHTはFightOutのネイティブ トークンであり、FightOut.comからのプレセールで購入できる。

FightOutはプレセールで 270 万ドルを調達に成功した。暗号資産の流動性の多くが低迷しているにもかかわらず、FightOutは引き続き優れたプロジェクトと認識され、投資家の注目を集めている。

FGHTプレセールでは、資金が多いほど追加のインセンティブがある。例えば、500ドル以上を購入した投資家は10%のボーナスを受け取り、50,000ドル以上を購入したユーザーでは25%を受け取る事となる。

$FGHTの購入にはMetamask(メタマスク)などのウォレットを接続してETH(イーサリアム)USDT(ドルテザー)を使用して購入するか、Transak を通じてクレジットカードで購入するかの2通りで入手することができる。

あわせて読みたい
イーサリアムとは?ブロックチェーンの仕組みと特徴をわかりやすく解説 イーサリアムは単なる暗号通貨ではなく、スマートコントラクト、dapps(分散型アプリ)、およびその他のDeFiプロジェクトをサポートする能力を備えたプログラム可能なブロ...

ウォレットを接続して購入する

ウォレットをプラットフォームに接続するために、パソコンにChromeなどのウェブブラウザーに MetaMask ウォレットがインストールされている必要がある。

スマホを使用してで購入する場合では、Trust Wallet を使用し、ブラウザーを介して接続することでも購入することができるそうだ。

Transakのウィジェットを利用して購入

Transakのウィジェットでは、クジレットカードを使用してETH を購入し、$FGHT に交換する必要がある。この際には$FGHTを購入してからガス料金をカバーするのに十分な ETHが必要である事を確認しておく事をお勧めする。

Giveawayについて

FightOut のチームは、25 万ドル相当のプレゼント(Giveaway)を行うことを発表した。FightOutでは現在プレセールを実施すると共に、同時にGiveawayも実施している。賞品の抽選に参加するには、まず FGHT プレセールに参加する必要がある。

FightOutのGiveaway

なんと幸運なユーザー 1 人に対して $250,000 相当の FightOut トークン ($FGHT) を獲得できるチャンスがある。

Giveawayの抽選を受ける条件
  1. 抽選時に少なくとも $FGHT の $250 を購入する。
  2. 10個のタスクを完了する。(Twitterのフォローやリツイートなど)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次