Celer Network(セラーネットワーク/$CELR)とは?特徴と今後の将来性

仮想通貨Celer Network(セラーネットワーク)アイキャッチ画像

Celerは、オフチェーン技術を使ったスケーラブルなブロックチェーンソリューションを提供するプラットフォームである。Celerの主な技術には、ステートチャネル、コンセンサスフレームワーク、ロールアップ、オフチェーンAPIなどがある。

これらの技術は、高速かつコスト効率が高く、ブロックチェーンアプリケーションの普及を促進している。また、Celerは、暗号通貨のトランザクション速度を向上させ、ネットワークのスケーラビリティを向上させることで、ブロックチェーン技術の普及を推進している。

Celerは、オンチェーンとオフチェーンの両方で機能するブリッジ技術を提供し、異なるブロックチェーン間でのトークンやデータの移動を容易にしている。最近では、ZKオムニチェーンデータ認証プラットフォーム「Brevis」や、高流動性のMEV保護とゼロスリッページを備えた「PETI」といった新しい技術が発表されている。

目次

Celer Networkとは?

仮想通貨Celder(セラー)公式サイト
Celer 公式サイト

Celerは、高速で安全なブロックチェーン技術の開発に取り組んでいる企業です。以下に、Celerについての6つの項目を紹介します。

  • 技術力:Celerは、ブロックチェーン技術における高い技術力を持っていることで知られています。Celerは、オンチェーン・オフチェーンを問わず、高速で安全なトランザクションの実現に取り組んでいます。また、Zero-Knowledge Proofの研究開発にも注力しており、その成果が「the Pantheon of Zero-Knowledge Proof Development Frameworks」や「Brevis:A ZK Omnichain Data Attestation Platform」といった記事に反映されています。
  • 他のプロジェクトとの協業:Celerは、他のプロジェクトとの協業に力を入れています。例えば、Superpower SquadやCrabada’s Swimmer Networkといったプロジェクトとの協業があります。これにより、Celerの技術がより広く活用され、ブロックチェーン技術全体の発展に寄与しています。
  • ブリッジング技術:Celerは、異なるブロックチェーン間のブリッジング技術に注力しています。Celer cBridgeは、異なるブロックチェーン間のトークンを相互に変換することができ、これにより、トランザクションをよりスムーズに行うことができるようになります。
  • ステーキング・プログラム:Celerは、ステーキング・プログラムを導入しています。これにより、Celerを保有するユーザーは、Celerのプラットフォームの開発に貢献することができ、その見返りとして報酬を得ることができます。
  • State Guardian Network:Celerは、State Guardian Networkという技術を開発しています。これは、ブロックチェーン上のアプリケーションが安全かつ正確に動作するように保証する技術であり、Celerの強みの1つです。2022年3月には、State Guardian Network v2がリリースされました。
  • 開発者コミュニティ:Celerは、自社の技術を活用した開発を行っている開発者コミュニティを形成しています。Celerの技術を活用して、ブロックチェーンの発展に貢献することができます。
  • ステートチャネル技術を活用:Celerはステートチャネル技術を活用しています。ステートチャネルは、ブロックチェーンの負荷を軽減するために、トランザクションのオフチェーン処理を可能にする技術です。Celerは、ステートチャネル技術を使用して高速かつ安価な支払いを実現しています。また、Celerの開発者たちは、ステートチャネル技術を応用して、クロスチェーン通信や高速かつ安全なデータ送信を実現するプロトコルの開発にも取り組んでいます。
  • スケーラビリティの問題を解決:Celerは、ブロックチェーンのスケーラビリティの問題を解決することを目的としています。ブロックチェーンには、大量のトランザクションを処理することができないという課題がありますが、Celerのステートチャネル技術を使用することで、ブロックチェーンの負荷を軽減することができます。これにより、高速で安価な支払いや、スケーラブルな分散アプリケーションの実現が可能になります。
  • 異なるブロックチェーン間での相互運用性:Celerは、異なるブロックチェーン間での相互運用性を実現することにも取り組んでいます。異なるブロックチェーン間での通信やトークンの移動が容易になることで、ブロックチェーンの普及を促進することができます。

Celer Networkの基本情報としては以下のようになっている。

項目内容
コイン名称Celer Network
シンボルCELR
サイトURLceler.network
時価総額ランク*175
価格*$0.022
ブロックチェーンイーサリアム
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
Kucoin(クコイン)
Coinbase(コインベース)
最大供給量 *10,000,000,000 CELR
総合供給量 *10,000,000,000 CELR
循環供給量 *7,085,488,367 CELR
Celer Network 基本情報

*2023年3月現在時点

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)によると、Celer Networkの2023年4月現在の時価総額は175位となっている。

TradingViewのリアルタイムに更新されるチャートより、Celer Networkの価格は下記の通りである。

Celer Networkの開発

以下の人物や企業は、celerの開発に大きな影響を与えており、その革新的な技術の開発において重要な役割を果たしている。彼らは、セキュリティ、高速通信プロトコル、分散型システムの専門家であり、将来的にもブロックチェーン分野の発展に貢献することが期待される。

  • Mo Dong(董墨):celerの創設者でありCEOである。彼は、MITでコンピューターサイエンスの学位を取得し、GoogleとQualcommでの仕事を経験している。彼はセキュリティ、分散型システム、および高速通信プロトコルの専門家であり、いくつかの有名な学術論文を発表している。
  • Junda Liu(劉俊達):celerの共同創設者でありCTOである。彼は、MITで電気工学とコンピューターサイエンスの学位を取得し、Appleでの経験を持っている。彼は、高速通信プロトコル、ビッグデータ、および分散型システムの専門家である。
  • Qingkai Liang(梁慶開):celerの共同創設者でありチーフサイエンティストである。彼は、MITで電気工学の博士号を取得し、Microsoft Researchでの経験を持っている。彼は、高速通信プロトコル、セキュリティ、および分散型システムの専門家であり、数多くの学術論文を発表している。
  • Renzhi (Patrick) Zhou(周仁智):celerのエンジニアリングディレクターであり、以前はAmazonで働いていた。彼は、高速通信プロトコル、分散型システム、およびセキュリティの専門家であり、いくつかの有名な学術論文を発表している。彼は、celerの技術的な開発を率いている。
  • Celer Network Inc.:Celer Network Inc.は、Celer Networkプロトコルを作成し、開発・提供している企業であり、プロトコルの発明者であるMo Dong氏を含め、多数の著名なブロックチェーンエキスパートからなるチームを有している。
  • Polkadot:Polkadotは、Celer Networkとの間でブリッジングを提供しており、両社のブロックチェーン間でのトークンの相互運用性を実現している。この提携は、Celer NetworkがPolkadotの技術を利用し、世界中のWeb3エコシステムとの相互運用性を促進することを可能にした。
  • SuperPower Squad:SuperPower Squadは、Celer Networkと提携し、CelerのトークンとNFTのブリッジングソリューションとしてCeler cBridgeを採用している。SuperPower Squadは、分散型NFTプラットフォームを構築し、Celer cBridgeを通じて、異なるブロックチェーン上でのトークンとNFTの相互運用性を実現している。
  • Crabada’s Swimmer Network:Crabada’s Swimmer Networkは、Celer Networkと提携し、Celer cBridgeを使用して異なるブロックチェーン間でのアセットの相互運用性を実現し、ユーザーに高速かつ安全なトークン交換を提供している。この提携により、Celer Networkは、DeFiエコシステムにおける異なるブロックチェーン上のトークンの自由な流動性を促進することができた。

Celer Networkのストーリー

以下に、Celer Networkのストーリーについて解説する。

Celerは、2017年に4人の創設者が集まり設立された。創設者たちは、ブロックチェーン技術が持つ可能性を最大限に引き出し、現実の問題を解決するためにCelerを開発した。以下は、Celerのストーリについてである。

  • 2018年:Celerは、CSpeedというオフチェーン・オペレーティングネットワークを構築するというアイデアから始まった。創設者たちは、ブロックチェーン技術におけるトランザクションのスケーラビリティと速度の問題を解決するためにCelerを作成した。
  • 2019年:Celerは、Ethereumのスケーラビリティの問題に取り組むことを目的に、ステートチャネル技術の研究開発に注力し始めた。この年、Celerはデブコン5でステートチャネルサミットに出席し、ブロックチェーンゲームの分野での使用に焦点を当てたプレゼンテーションを行った。
  • 2020年:Celerは、ステートチャネル技術に基づくハイブリッドロールアップのテストネットをリリースした。この年、Celerは、分散型コンテンツアクセラレーションネットワークのPoseidonに協力し、同社のインフラストラクチャの改善に取り組んでいる。
  • 2021年:Celerは、クロスチェーンおよびクロスレイヤーの流動性をシームレスに結合するプラットフォームであるCeler cBridgeをリリースした。この年、Celerは、Acalaと協力してDeFiにおけるクロスチェーンの流動性を高めるためのイニシアチブに参加した。
  • 2022年:Celerは、ブリッジレスのオムニチェーン流動性プロトコルであるPETIを発表した。この年、Celerは、セキュリティーとスケーラビリティの問題に対処するために、Zero-Knowledge Proofを採用したBrevisというデータ検証プラットフォームをリリースした。
  • 2023年:「Brevis」というZK-Omnichainデータ検証プラットフォームを発表した。また、同年3月には、ゼロ知識プルーフの開発フレームワーク「The Pantheon of Zero-Knowledge Proof Development Frameworks」を紹介した。さらに、同年10月には、高い流動性効率、MEV保護、ゼロスリッページの「PETI」というブリッジレスオムニチェーン流動性プロトコルをリリースした。そして、同年11月には、Arbitrum NovaとCeler Inter-Chain Messaging Frameworkを統合することを発表した。

Celer Networkの6つの特徴

Celer Networkの技術の特徴について、以下の6つの点が挙げられる。

  1. オフチェーン技術の活用:Celerは、ステートチャネル、コンセンサスフレームワーク、ロールアップ、オフチェーンAPIなどのオフチェーン技術を駆使している。これにより、高速かつコスト効率の高いトランザクション処理が可能となり、スケーラビリティの問題を解決している。
  2. ブリッジ技術の提供:Celerは、異なるブロックチェーン間でのトークンやデータの移動を容易にするブリッジ技術を提供している。これにより、ブロックチェーンのエコシステムを横断してアプリケーションを展開することができる。
  3. 高い流動性とMEV保護:CelerのPETIプロトコルは、高い流動性とMEV保護を実現している。PETIはブリッジレスであり、オフチェーンで動作することで高い流動性を実現している。また、MEV保護により、価格操作からトランザクションを保護している。
  4. ZK技術の活用:CelerのBrevisは、ZK技術を活用したオムニチェーンデータ認証プラットフォームである。Brevisは、セキュリティの向上とデータの透明性を実現している。
  5. インターチェーンメッセージングフレームワーク:Celerは、インターチェーンメッセージングフレームワークを提供している。これにより、異なるブロックチェーン間での通信を簡単かつスムーズに行うことができる。
  6. ステートガーディアンネットワーク:Celerのステートガーディアンネットワークは、ブロックチェーン上の資産の安全性を高めるために開発された。ステートガーディアンネットワークは、スマートコントラクトのセキュリティを向上させ、攻撃から資産を保護する。また、ステーキングにより、ネットワークの運営に参加することができる。

Celer Networkの今後の将来性

Celer Networkは将来的に以下のような可能性があると考えられている。

  • スケーラビリティの改善:Celerは、オフチェーン技術を活用することで、ブロックチェーンのスケーラビリティの問題を解決することができる。これにより、ブロックチェーンアプリケーションの普及が促進され、ブロックチェーンのエコシステムが拡大することが期待される。
  • ブロックチェーン間の相互運用性の向上:Celerは、異なるブロックチェーン間での相互運用性を高めることに注力している。これにより、ブロックチェーンの境界を超えてトークンやデータを移動することができる。将来的には、ブロックチェーンの普及が進むにつれ、ブロックチェーン間の相互運用性の重要性が増していくと考えられる。
  • セキュリティの向上:Celerは、セキュリティにも注力している。ステートガーディアンネットワークは、ブロックチェーン上の資産のセキュリティを高めるために開発されたものであり、スマートコントラクトのセキュリティを向上させる。また、ZK技術を活用したBrevisは、データの透明性とセキュリティの向上に貢献する。
  • パートナーシップの拡大:Celerは、様々なプロジェクトとのパートナーシップを結んでいる。これにより、Celerの技術が世界中で広がることが期待される。また、将来的には、Celerの技術が多くのアプリケーションに活用され、ブロックチェーンの普及につながることが期待される。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次