BORA(ボラ)とは?5つの特徴と今後の将来性をわかりやすく解説

仮想通貨BORA(ボラ)アイキャッチ画像

BORAは、ブロックチェーン技術を使用して、エンターテインメント産業、金融業界、IoTなどの分野に革新をもたらすことを目指している。

BORA 2.0は、公共ブロックチェーンであるKlaytnと強力に連携し、PBFTとガバナンスカウンシルによる新しいコンセンサスアルゴリズムを採用している。BORA 2.0のトークンエコノミーは動的で、EcoFundとコミュニティによる運営が特徴である。また、BORA Governance Councilによって運営され、BORAトークンのインフレーション率や永久ロックアップが定められました。

BORAは、PolygonやNEARなどの他のプラットフォームとも協力関係を築いており、NFTマーケットプレイスやアンバサダープログラムなどの機能も提供している。

目次

BORAとは?

仮想通貨BORA(ボラ)公式サイト
BORA 公式サイト

BORAは、ブロックチェーンネットワークである。以下に、BORAに関する情報を紹介する。

  • BORAはブロックチェーンを利用したエンターテイメントプラットフォームである。
  • BORA 2.0では、Klaytnとの強い接続性、PBFTとGovernance Council、ダイナミックなトークンエコノミー、Eco Fund and Communityなど、重要な機能が強化された。
  • BORA 1.0ではパブリックブロックチェーンとの統合不足、コンセンサスアルゴリズム、閉鎖的な構造、静的なトークンエコノミーが課題であった。
  • BORA 2.0ではGovernance Councilが導入され、パートナー企業による投票で、BORAの方向性を決定する仕組みとなっている。
  • BORA 2.0のトークンエコノミーでは新しいトークンインフレ率、永久的なトークンロックアップが導入された。
  • BORA Ecosystem Fundは、エコシステムの成長を支援するファンドである。
  • BORA Portal、BORA 101、NFT Marketplace Guideなど、さまざまな情報が提供されるオンラインプラットフォームがある。
  • BORAは多くのプロジェクトとの連携を進め、Polygon、NEARなど、Web3クロスチェーンエコシステムの構築に取り組んでいる。
  • BORAはブロックチェーン技術を活用し、エンターテイメント業界に新たな可能性をもたらすことを目指している。

BORAの基本情報としては以下のようになっている。

項目内容
コイン名称BORA
シンボルBORA
サイトURLborachain.io
時価総額ランク*166
価格*$0.178
ブロックチェーンKlaytn
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Binance(バイナンス)
Kucoin(クコイン)
Coinbase(コインベース)
最大供給量 *
総合供給量 *1,205,750,000 BORA
循環供給量 *993,750,000 BORA
BORA 基本情報

*2023年3月現在時点

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)によると、BORAの2023年4月現在の時価総額は166位となっている。

TradingViewのリアルタイムに更新されるチャートより、BORAの価格は下記の通りである。

BORAの開発

以下は、BORAの開発に関係した企業や人物のリストである。

  • BORA Foundation:BORAの開発・運営を担当する韓国のブロックチェーン企業で、BORAチェーンの開発に注力している。BORA 2.0の開発にも参加しており、PBFTアルゴリズムやガバナンスカウンシルの設立などの新機能を提供している。
  • Klaytn:BORA 2.0では、Klaytnとの強力な接続が特徴の一つである。Klaytnは、韓国の大手テック企業であるKakaoが開発したブロックチェーンプラットフォームで、BORAの基盤技術としても使用されている。
  • NEAR:BORAとNEARは、Web3のクロスチェーンエコシステムを強化するために提携している。NEARは、シンプルで使いやすいブロックチェーンプラットフォームとして知られており、BORAとの協力により、DAppsの開発やトークン交換などがよりスムーズになることが期待されている。
  • PurpleBridge:PurpleBridgeは、BORAとPolygon(旧Matic Network)のブロックチェーン間の橋渡しを行うプラットフォームで、BORAとPolygonの相互運用性を向上させるために提携している。
  • BORAチーム:韓国のIT企業であるWAY2BITが中心になって結成された。
    イ・ギョンジュ:BORA 2.0の開発には、Klaytnのコア開発者であったイ・ギョンジュ氏が参加した。
  • チェ・ヒョンジュン氏:BORAの開発には、韓国の有名IT企業であるNHNの元CTOであるチェ・ヒョンジュン氏がアドバイザーとして参加している。
    BORAは、有名なブロックチェーンカンファレンスであるBeyond Blocksで、Best Blockchain Startup賞を受賞した。
あわせて読みたい
クレイトン(Klaytn/$KLAY)とは?11の特徴と今後の将来性 Klaytnは、韓国のグローバルブロックチェーンプラットフォームで、企業とブロックチェーンデベロッパーが分散型アプリケーションを構築するためのツールとリソースを提...

BORAのストーリー

以下に、BORAのストーリーについて解説する。

  • 2017年:BORAの開発が始まる。
  • 2018年:BORAチームが設立される。BORA 1.0がリリースされる。
  • 2019年:BORAがKlaytnと提携し、BORAチェーンがKlaytnの公式パートナーになる。BORA 1.0の制限事項が浮き彫りになり、改善が求められるようになる。
  • 2020年:BORA 2.0の開発がスタートする。BORA 2.0は、Klaytnとの連携を強化し、より透明性の高いガバナンスモデルを採用する。BORA Eco Fundが発足する。
  • 2021年:BORA 2.0がリリースされ、Klaytnとの連携を強化する。BORA Governance Councilが発足し、BORAのガバナンスに参加する機会が広がる。BORAがPolygonと提携し、相互接続性を高める。BORA NFT Marketplaceが立ち上がる。

BORAの特徴

BORAの技術の特徴について、以下の5つの点が挙げられる。

  • Klaytnとの強力な接続:BORAは、Klaytnとの強力な接続を持ち、Klaytnの技術的基盤を利用している。これにより、BORAはKlaytnのエコシステムに参加し、Klaytn上で動作するDAppの開発が可能になっている。
  • PBFTとガバナンス・カウンシル:BORAは、PBFT (Practical Byzantine Fault Tolerance) と呼ばれる共同決定アルゴリズムを採用している。また、ガバナンス・カウンシルを設置することで、BORAの運営や発展を決定する重要な意思決定を、利害関係者が共同で行うことができる。
  • ダイナミックなトークンエコノミー:BORAは、静的なトークンエコノミーではなく、ダイナミックなトークンエコノミーを採用している。これにより、BORAのトークンであるBORAトークンの価値は、需要と供給に基づいて変動することができる。
  • Eco Fundとコミュニティ:BORAは、Eco Fundというファンドを設立し、BORAエコシステムの発展をサポートすることに注力している。また、BORAコミュニティと協力し、エコシステムの発展を促進する取り組みも行っている。
  • 新しいトークンエコノミクス:BORAは、新しいトークンエコノミクスを採用している。具体的には、トークンインフレーションの問題に対処するために、トークンの永久ロックアップを導入し、トークンの流動性を改善している。

BORAの今後の将来性

BORAは、以下の4つの理由から将来的に成長する可能性がある。

  • Klaytnとの強力な接続:BORAは、Klaytnとの強力な接続を持っており、Klaytnのエコシステムの中で動作する。これは、BORAがKlaytnの多数のユーザーやパートナーにアクセスし、その影響力を利用できることを意味する。
  • ユーザー中心のガバナンス:BORAは、PBFTコンセンサスアルゴリズムとガバナンスカウンシルを採用している。このカウンシルは、BORAの発展において中心的な役割を果たし、プラットフォーム上の決定や方針の策定に寄与する。ユーザー中心のガバナンスは、BORAの成長において重要な役割を果たすことができる。
  • 動的なトークンエコノミー:BORA 2.0では、トークンエコノミーが動的になった。トークン供給量を調整することができるため、需要と供給のバランスをとりながら、価格の安定化を図ることができる。また、この仕組みにより、BORAはトークンエコノミーの革新的なモデルを提示することができる。
  • コミュニティとエコファンド:BORAは、コミュニティを重視しており、コミュニティメンバーがプラットフォームの発展に積極的に参加できる仕組みを構築している。また、エコファンドを通じて、BORAは社会貢献にも取り組んでおり、社会的信頼性を高めることができる。これらの取り組みは、BORAが将来的に成長するための強力な基盤を提供している。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CryptoCurrency.newsの管理人。投資で毎日遊んで損しまくってます。

目次